なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ころころころ」 みんなの声

ころころころ 作・絵:元永 定正
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1984年11月
ISBN:9784834001112
評価スコア 4.53
評価ランキング 4,909
みんなの声 総数 178
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

178件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 「しゅうてーん」がお気に入り

    娘が0歳のときに色がきれいなのに惹かれて購入しました。

    「ころころころ」ときれいないろだまがいろんな道を転がっていくのですが、
    大人から見れば人生のように見えるかも。。。

    そんなことは気にも留めず、娘はテンポのいい文章と、いろんな色の
    きれいないろだまに釘付けです。

    それまで「ころころころ」とテンポよくスイスイ転がっていたのに、
    最後「しゅうてーん」で締められているところが、
    何とも小気味いいです。

    娘も特に最後の「しゅうてーん」がお気に入りの様子。
    一応、始めからページをめくるのですが、やっぱり「しゅうてーん」が
    早く聞きたいらしく、途中を飛ばして無理やり終点に行かされます。

    単純に文章のおもしろさ、色彩のきれいさを楽しめるのはもちろんですが、
    色や丸、「さかみち」「かいだんみち」などの地形なども覚えられるので、
    いろんな楽しみ方ができる絵本だと思います。

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不思議ないろだま

    考えると不思議ないろだまです。
    転がり続けるいろだま、出発してから階段を上ったり、坂道を登って行ったり、普通では有り得ない動きをしています。
    でも、子どもに常識を押し付けるのは止めて、ここはいろだまの動きや、リズムを楽しむ空想の世界なのです。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きな本

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    娘が1歳くらいのときによく読みました。ただ玉がいろんな道を転がるだけなんですが、ひとつの物語のようにさえ感じます。想像力をかきたてられます。
    「ころころ」という言葉は読むのも心地いいですし、聞いてるのもおもしろいようです。5歳になった娘も、下の子に読み聞かせていると近づいてきて読んでいます。松谷みよ子さんの赤ちゃん本よりはメジャーではない気がするので、プレゼントにもいいのではないでしょうか。

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんにピッタリ

    色とりどりのボールがころころ転がっていく様子を目で楽しみ、また単純な言葉の繰り返しで耳も楽しむ事が出来ます。2歳と4歳の子供達には少し物足りない様子でしたが、赤ちゃんに読んであげるのに最適な絵本だと思います。

    掲載日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ころころ読んで!

    • 野風さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 女の子2歳

    何度も何度も「ころころ読んで!」と持ってきた絵本です。

    絵なのに、「ころころころ」と読むと、
    本当に転がっているように見えるのが不思議です。

    こどもは、ほとんど覚えてしまって、
    自分で「かいだんみち〜」といいながら読んでいます。

    色もきれいですし、親も飽きずに絵を楽しみながら読み聞かせることの出来る絵本だと思います(^^)

    掲載日:2016/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフルでかわいい

    カラフルできれいな色玉が転がっていく絵本。
    ただそれだけなんですが、いろんなところをコロコロと転がっていくのが興味深いです。
    視覚でも聴覚でも楽しめそう。子供の反応が気になるので読んであげたいなと思う絵本です。

    掲載日:2016/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ころころ遊び

    本屋さんで見るなり、息子が欲しがった絵本。何度も何度も読んでいます。2歳になった頃から遊びの中にも取り入れられ、積木で道を作り、「サカミチ、コロコロ」なんて言いながら遊んでいます。遊びに発展できる絵本って素敵ですね。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色玉コロコロ

    赤青黄色だけでなく、ピンクや紫、オレンジ、水色、緑…
    色とりどりの小さな可愛い色玉が旅をしています。
    階段道、でこぼこ道、坂道、山道、滑り台…。
    ころころ、ころころころ、の繰り返しが娘の耳には心地良いようです。
    背景の色彩は「もこ もこもこ」にも似ていて、元永定正さんの絵本が大好きな娘にはもってこいです。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な本です。

    知り合いの方からいただいた本です。
    私は、最初、「なんだろう」としか思えませんでした…
    その頃はまだ息子の反応が、
    絵本は読んでほしがるものの反応が薄かった頃というのもあって…。

    今もうすぐ3歳になりますが、しょっちゅう読んでいます。
    読んでと持ってくることもあるし、自分ひとりでも、読んでいます。

    内容は、いろいろな色の丸が、いろいろな道を転がっている、
    ただそれだけなのですが…
    それは私の感受性が乏しいのだなと笑ってしまうくらい、
    息子はとっても楽しそうです。

    冒頭の「いろだま ころころ」を読むと、にこにこしながら
    「しゅっぱつ!」と言います。本当に嬉しそうに。
    正直私にはやっぱり丸が転がっているだけ、と思えるのですが、
    そんな「しゅっぱつ!」が聞きたくて、何度も読んでしまいます。

    とっても不思議な、でも私にとって大切な本です。

    掲載日:2015/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハマりました笑

    読みやすい! … ころころという言葉しかないのですが、
    絵の雰囲気がところどころ変わっていくので、
    言葉のイントネーションやアクセントを変えて読んであげています。

    お母さんよりも、お父さんにとっては、これは有難い絵本です。
    表現を単純に工夫すれば、お父さんにも、読んで!とお願いしてきてくれると思います。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0

178件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット