十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

紙芝居 雪の女王」 みんなの声

紙芝居 雪の女王 絵:岩崎 ちひろ
訳:稲庭桂子
原作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\2,000+税
発行日:1976年03月
ISBN:9784494074013
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 原作のエッセンスそのままに

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    小学校のおはなし会で読みました。
    ディズニー映画「アナと雪の女王」がブームのうちに、原作の味わいも知ってほしかったのです。
    実は、映画はほとんど原作とは異なりますし、原作はかなり長編で難解なので、
    10分強のおはなし会では時間的に無理、ということで、
    ちゃんとした要約版を探していたところ、この紙芝居がちょうどよかったのです。
    お隣同士のカイとゲルダ。
    おばあさんから雪の女王の話を聞いても信じられないのです。
    ところが、実際、カイが雪の女王のそりに連れ去られ、ゲルダは必死に探しに行くのです。
    山賊の娘と出会い、トナカイの助けを得ながら、雪の女王の城に向かうゲルダ。
    一途なカイへの思いが伝わってきます。
    ゲルダの熱い涙が感動的ですね。
    昭和51年の画でやや古風ですが、さすがいわさきちひろさんの童画は
    アンデルセンのおはなしの世界を素敵に描出していると思います。
    子どもたちも引き込まれて聞いてくれました。
    もちろん、原作もいつか読んでね、と紹介しました。

    掲載日:2014/07/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 雪の降る日に

    『雪の女王』、アンデルセンの中でもかなりの長編。
    物語のイメージを崩さずに見事に紙芝居が出来ています。
    いわさきちひろさんの絵がまた素晴らしい。
    儚げではなく、しっかりとした主人公・ゲルダの姿といい、
    悪魔なのに美しい雪の女王が素敵に描かれています。
    娘が4歳から7歳まで毎冬読みました。
    プロローグの悪魔の鏡が紙芝居ではカットされていますが
    何だか気になる様子です。

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    1

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット