ゴチソウドロどこにいる? ゴチソウドロどこにいる? ゴチソウドロどこにいる?の試し読みができます!
作: すとう あさえ 絵: さとう めぐみ  出版社: くもん出版
森でごちそうが消える事件が発生。さあ、絵本をめくって犯人を探そう! 探しながら楽しむ、春夏秋冬の定点観測さがしえ絵本。

飛んでった家」 みんなの声

飛んでった家 作:クロード・ロワ
絵:高畠 那生
訳:石津 ちひろ
出版社:長崎出版
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年07月
ISBN:9784860951832
評価スコア 2.5
評価ランキング 67,919
みんなの声 総数 1
「飛んでった家」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • リアリティーに欠ける・・・

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    ・・・家にもいろいろあります。
    ちょっとさわれば飛んでいきそうな家。
    なかなか飛んでいかなさそうな家。

    「家は飛ぶもの」前提にお話が始まります。

    フランスの立派な家に暮らす4人のきょうだい。
    お父さんとお母さんのお留守に、「してはいけないこと」やり放題!
    なんでもかんでも分解して、とにかくモノを大切にしないのです。
    おじいさんや乳母のいうことなどききません。
    (おじいさんはいつも眠っているのですが・・)
    あまりの傍若無人さに、とうとう家中のモノたちが怒り出し、
    懲らしめてやろうと相談を始めます。

    じゅうたんが4人を乗せたまま、凄いスピードで空高く飛び回ります。
    誰が、どうやって助けに来てくれるのでしょう?
    それとも子ども達はこのままずっと、寒さと空腹に耐えなければならないのでしょうか。

    ファンタジーというのか、冒険というのか。
    家が飛んでも、時計がおしゃべりしてもいいのです。
    しかし、全体的な設定がリアリティーに欠けている気がします。
    リアリティーがあってこそ、空想の世界に浸れると思いますので、
    なにかスッキリとしない気持ちで読みました。

    子ども達を思いやり、特に赤ちゃんを心配するところはちょっとホッとしました。

    タイトルも、「飛んでいった家」として欲しかったです。
    子どもの本ですから、固有名詞以外は正しい日本語表記をして欲しいと思います。
    少し辛い評価になりました。

    掲載日:2009/09/19

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう / おかえし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


人気デュオ ガーガーズのパネルシアターから生まれた絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(2.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット