ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
レビューコンテスト、スタートしました!

ほしのひかったそのばんに」 みんなの声

ほしのひかったそのばんに 作:わだ よしおみ
絵:つかさ おさむ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1966年
ISBN:9784772100014
評価スコア 3.8
評価ランキング 30,656
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • キリスト誕生

    クリスマスのシーズンではありませんが、読んでみました。
    キリストの誕生について、子供にもわかりやすく描かれているのではないかと思います。
    本を開くと、左に文章・右に絵と、はっきりわかれているので、子供は絵に集中しやすいのでしょうね。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めての生誕劇に

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    イエスの生誕のエピソードを描いた有名なお話を
    わかりやすい文と、力強い版画で描いています。

    子供の幼稚園においてあるのですが、
    12月になると劇をするので子供たちが借りていきます。
    夜や旅の困難を表すのに版画の画が合っていると思います。
    独特な形がまた面白いです。

    上の子が幼稚園から借りてきたときに再読しましたが
    こんな話だったなあーと思いました。
    子供にもわかりやすく書いてあって、初めての生誕劇にはいいと思います。

    掲載日:2008/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • イエス・キリストの誕生

    2千年も前のある夜、不思議な星が空に光って、救世主のイエス・キリストが誕生するまでの出来事を描いたお話です。

    話の中で盛り上がりに欠け、淡々と進んでいくので、保育園・幼稚園の子ども達にとっては、少し難しい内容のように感じました。

    この絵本の良い所は、版画で描かれていることです。

    掲載日:2008/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生誕物語

    昨年のクリスマスに生誕劇に参加した娘。
    このお話にとても興味がでているようです。
    キリストの生誕物語をわかりやすくした本だったので購入しました。
    この手の本は何冊もありますが、
    旦那に聞くと「昔読んだことある」とのこと。
    初版は1966年です。
    版画のような絵で、わりと抽象的。
    子供には目で見てわかりにくいところもあるようですが
    そこは平易な文でカバー。
    全体的に、とてもわかりやすく生誕の物語を表現されていると思います。
    ディックブルーナのクリスマスの物語もそうですが
    この本も、とても横に長い形の変形本です。
    長い旅を続けているという雰囲気を出すには
    いい形なのでしょうか。

    掲載日:2008/01/24

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『トリック オア トリート!』岡村志満子さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット