くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ねずみのヘンリー」 みんなの声

ねずみのヘンリー 作・絵:マルチーヌ・ブラン
訳:矢川 澄子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1980年
ISBN:9784039600202
評価スコア 4
評価ランキング 21,979
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 写真やさんととり

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    こどもが選んだ絵本です。
    写真屋さんのねずみのヘンリー。とりをつかって写真を上手に撮ります。
    とりというのがちょっとピンとこなかったのですが、フランスだと写真を撮る時は「ほら、とりがとびだしますよ」という言い方をするそうですね。へー、知りませんでした。

    掲載日:2018/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • カメラマンの冒険。

    「ねずみのティモシー」の息子が大きくなってカメラマンになりました。
    彼は「笑顔の写真」を撮る名人。
    アクシデントから大冒険が始まり、その後の彼の考え方を一変させます。
    こんな男性ステキ、と思ってしまうフランスっぽい、ロマンティックなお話です。愛妻家なところがまず気に入りましたね。
    同じフランスの作品「バーバパパ」と共通点を多々感じました。

    掲載日:2008/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット