いっこ さんこ いっこ さんこ いっこ さんこの試し読みができます!
作: 及川 賢治 竹内 繭子  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
100%ORANGE新作! リズムと色と形で楽しむ新しい赤ちゃん絵本です
そよかぜはなさん 40代・ママ

なぜいっことさんこ?!
リズミカルに読み進められる本です。 …

くりすます」 みんなの声

くりすます 作:佐久間彪
絵:かすや 昌宏
出版社:至光社 至光社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1973年
ISBN:9784783400646
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,689
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あったかぁい絵本

    あたたかいやさしい風合いの絵。
    リズムよく短い歌のような言葉で進むお話。

    本当に短い言葉ばかりのお話なんだけれど、キリスト様のお生まれになったときの状況がふうわりと心の中に浮かんできます。

    読み終わると
    「しずかな、やさしい、しあわせな」こころになります。
    聖書を読んでみたくなります。

    クリスマスについて子どもに教えるのに、最適な絵本だと思います。
    心にゆとりをもってしずかに読みたい本です。

    子どもには2歳ぐらいから読んでいますが、やさしい絵と言葉にひかれるのか、おひざでしっかり聞いていました。

    掲載日:2008/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な絵と、素朴な文

    娘は、昨年のクリスマスに、生誕劇に参加させていただき、
    キリストのお話に興味をもち始めたので
    わかりやすそうだったので、購入しました。
    私も旦那も、宗教的なことには無知なのですが
    そんなことを超越して、この本はとても穏やかな気持ちにさせてくれます。
    絵画展にでも行った様な、一枚一枚豊かで情緒的な絵に
    わかりやすく素朴な文がついています。
    (聖書の一説なのでしょうか)
    至光社さんの本は、一冊一冊丁寧に作られていて好感が持てます。
    最後のページで、作者の紹介のみならず
    この本を作った人たちということで
    印刷や進行に携わった人たちの名前も紹介され
    一冊の本が、こんなにたくさんの人たちで作られ
    また、その人たちを大事にされていることに感激します。

    掲載日:2008/01/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


おこづかいの見方が変わるかも!?親子で楽しめるお金絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット