おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ゆきだるまのおきゃくさま」 みんなの声

ゆきだるまのおきゃくさま 作・絵:ヤーノシュ
訳:矢川 澄子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1982年
ISBN:9784033282602
評価スコア 3
評価ランキング 36,852
みんなの声 総数 3
「ゆきだるまのおきゃくさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本当の意味でのお客様

    息子ともどもヤーノシュさんの作品のファンです。

    初雪で作られた雪だるまウィリーのお話です。村の人々の人気者ウィリーは、ふるさと雪の国を懐かしく思う一方、夏に憧れるなど、冒険心も持っています。そんなウィリーを森番の娘レアが誕生日会に招待します。ウィリーは好奇心から出掛けていきますが・・・皆の温かいもてなしのため、溶けていなくなってしまいます。

    ウィリーは本当の意味で、一時だけこの村にやってきたおきゃくさまだったのでしょうね。森番のグリブラさんが「ウィリーはただ旅に出ただけさ」と最後に言うのですが、テルリコフスカさんの『しずくのぼうけん』を思い出しました。水があちこちを巡って冒険する話ですが、ウィリーも、溶けたおかげで大好きな列車の2両目に乗って、憧れの温かい国に行っているのかもしれませんね。そして、次の冬にはまた雪となって北国に戻ってくることでしょう。

    息子は雪だるまにはあまり反応せず、ウィリーの友達カラスの発言や、列車の走る音がお気に入りです。雪が溶けてしまうことがまだ分かっていないのかもしれません。

    掲載日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後の展開が

    村の人気者のウィリー。
    そんなウィリーを誕生日会に招待するのですが・・・

    ウィリーが大好きで大好きでたまらない。
    みんなはただその喜びを表しているのですが、
    でもその善意があだになることも…
    という教訓を与えたかったのかな??

    ゆきだるまだし、そうなっちゃうのは仕方がない〜という気持ちもありつつ、ちょっとびっくりなラストで、
    親子でどう反応していいのか迷ってしまいました。

    掲載日:2008/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • あらら…

    雪だるまのウィりーは、みんなの人気者。
    ある日誕生日パーティーに招かれます。
    お部屋の中でみんなとごちそうを食べた後、ウィリーは…

    とってもほのぼのしたお話で、心が温まります。
    雪だるまのリュウマチってところに
    意表を突かれました。

    でも、ラストの展開は
    なんだかせつない
    というより、ちょっと勝手だなあと感じました。

    掲載日:2008/01/30

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット