ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

岩波少年文庫 グリム童話集 下」 みんなの声

岩波少年文庫 グリム童話集 下 作:グリム童話
絵:出久根 育
訳:佐々木 田鶴子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\720+税
発行日:2007年12月
ISBN:9784001141481
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 想像していたよりずっと面白かったです!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    感想を書こうと思って、ナビ内の検索をしたら、すごい数の「グリム」が上がってきました。
    さすが、グリム童話!!改めて、グリム童話のお話のすごさ、作品の多さを感じました。

    グリムの作品はいくつか読んできましたが、このシリーズは読んだ感触が、物語の翻訳が「語り」の形に近く(たぶん、原文に近い?と、勝手に解釈しています)、作家(翻訳家)が物語を膨らませる説明文がとても少なかったように感じました。

    なぜ、この本を手にしたかというと、収められている話の中で、読んでみたい作品があったからです。
    想像していたより、ずっと面白かったです!
    そして、出久根育さんのイラストも見ごたえがありました!!

    岩波少年文庫から出ていますので、子どもたちの目線から見ても、読みやすい作品になっていると思います。
    知っているようで、意外と知らない昔ばなしも入っていますので、機会があったらぜひ、子どもたちに読んでもらいたい作品です。
    出版社からのお薦め年齢は、小学校中学年くらいからでした。

    掲載日:2011/02/09

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット