もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

「かいけつゾロリとなぞのひこうき」 みんなの声

かいけつゾロリとなぞのひこうき 作:原 ゆたか
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「かいけつゾロリとなぞのひこうき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ゾロリパワー

    息子はゾロリが大好きです。アニメの再放送も毎週見ています。
    ゾロリのお父さんは飛行機乗りで行方不明になったのですね。初めて知りました。ママのことは話によく出てきますが。ゾロリのお父さんのことは知らなかったので、ちょっと得した気分になりました。

    お金持ちの旅客機の荷物に隠れたゾロリたち。旅客機は、故障しゾロリと乗っていたお嬢様は墜落してしまいます。

    お嬢様に恋してしまうゾロリに笑ってしまいました。この辺はお決まりのお笑いですね。

    恋の力は偉大で、お嬢様を暖めるために、大金を燃やしてしまいます。ゾロリって毎回、奇抜なメカを作って、才能がありそうなのに、どこか間が抜けていたり、運が悪かったりするのがおかしいですね。笑いのツボを心得ているところが、子どもたちの心をつかんで離さないのでしょうね。

    長いお話なのに、息子は横でじっと聞き入っていました。今更ながらのゾロリパワーに驚きました。

    掲載日:2008/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット