モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

テンサイちゃんとロボママ」 みんなの声

テンサイちゃんとロボママ 作・絵:サイモン・ジェームズ
訳:こだま ともこ
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年12月
ISBN:9784097262831
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,474
みんなの声 総数 3
「テンサイちゃんとロボママ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 結末にほっと

    絵の感じがクエンティン・ブレイクに似ている気がしました。

    天才として生まれた赤ちゃんが作ったのは、家事・育児をこなしてくれるロボママ。

    育児をしながら家事もしている時に、自分が二人いたらと思ったことがあるママは多いはず。

    ただ、ロボットがあると親子関係はぎくしゃくしないかな?

    どんなに効率的に家事がこなせても、育児は効率的ではなくて失敗もありながら関係を築いていくのがいいのでしょうね。

    結末にはほっとするものがありました。

    掲載日:2011/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • スーパーあかちゃん!

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    私も覚えがあるが、まだおなかの中に赤ちゃんがいるときに、こうしたら頭のいい子が産まれる、とかこれをたくさん食べたほうが体の丈夫な子が産まれる、といったことを見聞きして、気休めと思いながらもなんとなくそのようにしたものだ。
    本当にこんなテンサイちゃんが産まれたら、私はどう思っただろう。
    物語ではおかあさん思いのテンサイちゃんがロボママを発明して、おかあさんを助けるが、私はやはり普通の赤ちゃんが産まれたほうが良かったと思うだろう。
    でも、どんなにテンサイでも赤ちゃんは赤ちゃん。やはりママに一緒にいて欲しいのです。
    テンサイちゃんは頭がいいだけでなく、ごく普通の感情の持ち主だったのが、少々スパイスに欠けるように感じるし、逆にそれでほっとするような気もします。
    子供はもう、赤ちゃんらしくないテンサイちゃんに大うけでしたけどね。

    掲載日:2008/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 近い未来にあるかもしれない生活

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子8歳

    色合いも明るく全体的に楽しい感じのする絵本でした。
    天才児として生まれてきたテンサイちゃんが、ママとパパのために作ったロボットのお話です。
    家事をしてくれるのはありがたいけれど、やはり子育てはパパやママの手でやりたいなぁと、つくづく感じました。
    なんでもできるロボットが、実際各家庭に1台あるのが不思議じゃない時代が、近い将来やってくるでしょうけど、その前にこういう絵本を読んで、勉強しておくといいかもしれませんね。

    掲載日:2008/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット