だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

かわべのトンイとスニ」 みんなの声

かわべのトンイとスニ 作:キム・ジェホン
絵:キム・ジェホン
訳:星あキラ キム・ヨンジョン
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2007年12月
ISBN:9784097262053
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,478
みんなの声 総数 8
「かわべのトンイとスニ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • オススメの韓国の絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    韓国の2000年の刊行の作品で、日本では2007年初版。
    舞台になっている東江は、韓国の中西部に位置し山間の渓谷を流れる27kmの川。
    カヌーが盛んで、四万十川のような清流のようです。

    物語は、町へ豆を売りに出かけたお母さんの帰りを待ちきれなくなったお兄ちゃんのトンイと妹のスニが、お母さんを迎えに行くことにするシーンから始まります。
    川沿いに歩くのですが、それが東江です。
    川辺にある岩が、いろいろな物に見えてくるのですが、幼い二人の心情を上手く表現しています。
    その隠し絵は、物語に登場するものもあれば、単に潜んでいるものもあり、風景に溶け込んでいる、素晴らしいもの。
    キム・ジェホンは、「絵の中にかくされた絵」という絵画展で、多くの人に新鮮な驚きと深い感銘を与えてとありましたが、その感動が、この絵本で享受できること間違いありません。

    兄弟愛、自然との触れ合い、人と自然の共存など、今の日本で忘れかけられそうなことを、充分に感じることができるでしょう。
    ラストシーンも微笑ましく、心の琴線に触れる作品としてオススメします。

    キム・ジェホンの絵は、光と影を巧みに駆使し、自然と人の融和を見るものに訴えてくる、一見の価値あるものだと思います。

    掲載日:2011/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しみ方、色々です

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    最初になにも考えないで、物語と美しい絵を楽しみました。
    韓国のおにいちゃんっていいですね。
    子どもの頃から、弱いものに優しくする紳士です。

    それから、二度目はかくされた絵を見つけながら読みました。
    おはなしとかくし絵がぴったり合っています。
    最後にモデルの川の写真が載っています。
    本当に実在する岩があるのだと、びっくりしました。

    お父さん、お母さんを想う子どもたちの純粋な心と、清らかな川の流れとどちらもずっと残しておきたいものですね。
    子どもたちに伝わると思いました。

    掲載日:2008/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然を描く絵がスバラシイ

    • 親子絵本さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子2歳

    市場へ出た母親を待つ兄(トンイ)と妹(スニ)には、
    かわべの岩々が、さまざまなものに見えるのです。
    その想像力を、「隠し絵」として、読み手である私たちも楽しむのです。

    絵本といえども、画家キム・ジェホン氏の作品なので、絵がすばらしいんですよ。

    「この絵、『ヨンイのビニールがさ』と似てるなぁ。」と思ったら、
    両方とも、キム・ジェホン氏の作じゃないですか!!

    掲載日:2008/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい兄ちゃん

    • ちうやかなさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子13歳、男の子10歳

    私も留守番の多い子ども時代を送りましたが、
    こんなに弟や妹を大事にしなかったなぁ・・・。
    (ごめんよぅ〜)
    とってもいいお兄ちゃんですね。
    それと、物言わぬ川辺の岩たちが、
    実はこんなにも表情豊かでおもしろいということを
    隠し絵にしてちりばめているのに感心しました。
    本当に川辺に行って岩と川面をみたくなる・・・。
    岩は、いつか誰かが気づいてくれるのを
    じっと待ってるのかも・・・と思えてきます。

    掲載日:2008/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 韓国絵本

    韓国絵本に興味があるのでこの絵本を選びました。とにかくどこを広げても韓国の素晴らしい自然が広がっているので見ているだけでとても癒されました。そして、自然の面白さも同時に感じる事が出来る絵本でした。私は気が付かなかったのですが岩の形に注目してみるとそこには驚くほど素敵な世界が!この絵本の魅力にたっぷり浸れました。お兄ちゃんがとても妹思いなのもとても微笑ましかったです。二人でお母さんを待っている時間に家の中でゲームなどせずともこの絵本の様に自然の中で時間を過ごす事が出来るのは素晴らしいなと思いました。私も娘と川辺に行きたくなりました。

    掲載日:2008/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい絵に隠された絵

    • ぴゅあさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 女の子13歳、女の子10歳、女の子7歳

    きれいな風景の表紙に魅せられて手にしたのですが、びっくり!物語に合わせて自然の風景の中に、もうひとつの絵が隠されてます。小学校の親子読書で読んだのですが、子供達は楽しんでました。小さい頃は私も雲とか岩とか動物等に見えてたなぁ。

    掲載日:2008/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 分かる!かわる!

    朝早く、お母さんは町へ豆を売りににでかけたお母さんの帰りを待ちきれなくなってしまった
    お兄ちゃんのトンイと妹のスニ。
    兄妹は川辺を通ってお母さんを迎えに行くことになったのですが・・・。

    お母さんと一緒になら通い慣れた道のりでも、ちいさな子どもたちだけで通ると
    なんだか不安なことばっかり。
    この絵本は、まさにそんな子どもたちに心理をうまくとらえた絵本で
    澄み切った川の水や韓国の景色も楽しみながら、絵本の中の
    ふしぎな挿絵に注目!次から次へと子どもたちの不安たっぷりな心理を
    表したようなこわ〜いものが登場。
    まるで探し絵をするように楽しんでた私たちですが、
    トンイとスニはさぞかし恐かっただろうな〜と、私の幼児期に経験した
    初めてのお遣いを思い出したり、
    子どもたちも同様に自分たちの経験を思い出しながら
    「分かる!分かる!そうなんだよね〜。なんでも無いようなものが
    そんな風に感じちゃうんだよ〜」
    かなり共感しまくったお話しでした。

    掲載日:2008/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • この絵に隠されているのは?

    まるで写真かと思うような繊細な絵に魅せられました。
    トンイとスニって何かな、と思ったら、これ、韓国の人が書いた絵本でした。
    トンイとスニは、男の子と女の子の名前。
    幼い兄弟が、川辺でお母さんの帰りを待ちます。
    その川辺の美しいこと。自然にあふれている情景に心洗われるようです。
    そして、川辺にたつ岩は、どれも何かに似ているのです。それは、クマだったり、鳥だったり...
    子供と読みながら、
    「あ、ほんとだ。ここが目じゃない?」
    「あ、これが羽で、飛んでる鳥に見えるね。」
    と話をしました。
    ちょっとしかけ絵本みたい、と思いながら、最後まで読んでみたら...
    なんとなんと、この絵の中には、もっともっといろんなものが隠れているんです。
    もう一度、ページをめくり返し、
    「ああーほんとだーさっきはぜんぜん気づかなかったー。」
    と二度楽しめました。
    絵の魅力につきる1冊です。、

    掲載日:2008/02/19

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / でんしゃでいこう でんしゃでかえろう / バムとケロのにちようび / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット