おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

復刊傑作幼児絵本シリーズ2 ともだち」 みんなの声

復刊傑作幼児絵本シリーズ2 ともだち 作:松谷 みよ子
絵:渡辺三郎
出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年02月
ISBN:9784835443720
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,060
みんなの声 総数 13
「復刊傑作幼児絵本シリーズ2 ともだち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 友達との別れ

    友達との別れという、切ないお話でした。
    友達(インコ)のことを想うからこそ、猫はインコを逃がしてあげたのでしょう。
    なかなか出来る決断ではありません。
    切ないままの結末だったので、読み終わったときは寂しかったです。

    掲載日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いやる気持ち

    いつも、
    ともだちが欲しいなと思っていたねこくんが、
    じぶんの目の色と同じ、
    綺麗なブルーの毛色をしたいんこと出会い、
    素敵な友情を見せてくれるお話です。

    このねこくんが、
    なんとも深い友情をみせてくれるのです(涙)

    自分の気持ちをグッと押し殺し、
    ともだちを思いやる…
    せつなく、暖かく、
    深く心にじーんと残る素敵な一冊です。

    出会えて良かったと、
    心から思う宝物の絵本です。

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達を思いやる心とは

    青い目のネコは自分と同じ色の青い インコと友達になりたいと思って鳥かごに手をかけると  インコは空高く飛んでいきました
    そして 外国船に乗ったのです
    ネコも乗り込み そこで、インコに 「友達になりたかったんだよ」と打ち明けました
    しかし インコは ある島に 仲間のインコがたくさんいるをみて みんなの所に行きたいと思ったのです
    ネコはこの時 インコの気持ちを知っていてかごから逃がしてやるのです
    船長さんは怒りましたが・・・
    インコは島へ飛んでいきました  ネコの友達を思いやる気持ちが 何だか切ないのです。
    ネコは また 友達見つけたかな?(ネコのことが気になりました)
    そんな 余韻を残して 舟は 青い海を走り続けるのです・・・・
    ともだちって こういうものかなあ〜(考えさせられました)

    切ないお話でした。  わたなべ さぶろうさんの絵は ネコの切なさ 淋しそうな顔を 表現しているな〜

    掲載日:2011/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ないような、あったかいような

    • ぽにょさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子5歳

    友達が欲しいねこさんが、青い鳥を追いかけて船に乗るお話ですが、小さな子どもの相手に上手に伝えられない気持ちと、ちょっとリンクするのかな?
    青い小鳥とお友達になろうとして、間違ってカゴから逃がしてしまったねこさんに、「がんばって、きっとお友達になれるから!」と励ます娘の姿がありました。

    懐かしいような、癒されるような挿絵がとっても気に入っています。

    掲載日:2010/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当の優しさ

    1歳の息子に読んだのですが、まだ
    いまいちでしたが絵にはとても興味
    をしめしました。


    ダイナミックな絵がよりねこちゃんの
    切なさを感じます。

    本当の優しさが伝わる絵本でした。

    もう少し大きくなったらお話を読ん
    であげようと思います。

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • インコと猫の友情。

    自分の本意ではないけれど、お友達の幸せのためなら我慢するよ・・・
    という、大人でもなかなか出来なそうな友情のお話でした。
    恋愛にも当てはめて考えても、切ないです。
    独特の挿絵も子供向けというよりはアートっぽいです。
    静かにしんみり読む絵本でした。

    掲載日:2008/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • その後が気になる

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    2〜4才向きとなっていて『ともだち』のタイトルでねこといんこの表紙で・・・安易に借りてきて、読んでびっくり!!

    深いです。
    絵も単純でわかりやすく文もはっきり短めで・・小さい子でもわかりやすいと思います。
    でも
    主人公のともだちが欲しい猫の気持ちがすごくわかりやすくていいなぁ・・と思いました。

    娘と読んだのですが、猫の優しさに感動していました。
    自分じゃなくて、ともだちはどうして欲しいんだろう、どうするのが相手にとってよいことなんだろう・・簡単なようで難しいことなんですよね。
    小学生でも十分楽しめる本だと思います。

    掲載日:2008/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちが出来るって素敵

    娘の為にと選んだ絵本ですが、私が気に入ってしまった絵本です。友達を持つことは素晴らしいことだと感じられる絵本でした。本当に大切な友達の為なら自分の事よりも友達の幸せを優先できるのだという事を主人公から教わった気がします。相手の心を感じてあげられる主人公は素晴らしいなと思いました。私も娘にこれほどの友達を持ってもらえたら嬉しいです。心が清らかになる絵本でした。鳥の色と、主人公の目の色がとても澄んだ色で奇麗で心に残りました。

    掲載日:2008/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 青の魅惑

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    復刊傑作幼児絵本シリーズの中の一冊。
    現在の絵本界をささえている豪華執筆者に描かれながらも、
    出版元の倒産などにより、表にでることができなかった
    「幻の名作」がシリーズとなり復刊されました。
    約40年前ぐらいの作品ですが、古さなどまったく感じさせません。
    松谷みよ子さんの文章もすごいのですが、
    私も娘もこの絵にひきつけられました。
    ネコの目の青色と鳥の青色。
    はかないような せつないような あやしいような・・・
    「ともだち」っていう微妙な関係を表しているのでしょうか?
    いろんな角度から、いろんな感じ方ができる
    奥が深い作品だと思いました。

    掲載日:2008/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 相手の幸せを考えて…

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    本当の優しさを考えるのに、とってもいい本に出あえたと思います。

    自分の好きなお友達とはずっといっしょにいたい。でも、そのお友達は、自分とは別の幸せになる道がまっていて、自分といっしょにいては、その道を歩むことができない。。。
    こんな苦しい立場に自分がおかれたときに、自己を犠牲にすることができるか。。。この本を読んで、「自分はどこまで優しくなれるかな」と自問自答しました。

    小さい子たちも、お友達と離れ離れになることを経験するときがやってきます。そのときに、この本のように、自分の気持ちを抑えることのつらさと、お友達の気持ちを尊重する優しさとを味わってほしいなと思います。

    ページの大半に使われている青色がとても印象的です。青い目、青い小鳥、青い海、きれいでそしてかなしくて、青に心を動かされました。

    掲載日:2008/05/12

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / やまねこのおはなし / まんまる ハオちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット