もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ケーキやさんのゆうれい」 みんなの声

ケーキやさんのゆうれい 作:ジャクリーン K. オグバーン
絵:マージョリー・プライスマン
訳:福本友美子
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年12月
ISBN:9784577034491
評価スコア 4.79
評価ランキング 396
みんなの声 総数 23
「ケーキやさんのゆうれい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ほろりと優しいお話

    息子が図書館でみつけてきた絵本です。
    何の気なしに読んだら感動作でした。
    後半は優しい涙がポロポロとこぼれそうになるのを我慢しつつ読みました。
    本当に素敵なお話です。
    文章量多めなので年長さん以降向けだと思います。

    掲載日:2015/06/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 映画化されたらいいと思う絵本

    子供にせがまれて何も考えずに読んであげたら、クライマックスではそれまで考えてもいなかった意外な展開に、涙がどっと溢れてしばらく読むことが出来ませんでした。

    ディ●ニーあたりで映画化してくれたら親子で楽しめる名作になりそうな、優しい感動を与えてくれる絵本です。

    しっかりとしたストーリー、見せ場、ディテールの描写、魅力的で味わい深いキャラクターの人柄とその表情、どれも絵本の世界だけではもったいないと思える作品に、久し振りに出会いました。

    登場人物が、何とかして人を喜ばせようとする様子や、人の痛みや寂しさを理解しようとする思いやりを描いた作品には、いつも爽やかな感動を与えられ、日常では起伏が乏しくなった感情を大きく揺さぶってくれます。

    図書館で借りて読み、すぐこちらに投稿しましたが、この後早速購入しようと思います。

    文章は描写が細かくて詳しく書かれているので、幼稚園の年長さんくらいから以降、小学生向けかもしれません。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 良いお話!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    とても良いお話でした!大好きです!
    また好きな絵本が増えて幸せです。
    巻末にあるチョコレートケーキ作ってみようと思います。
    私も国一番とまで言われるこのケーキをぜひ食べてみたいです!
    最後はあたたかい気分になれるお話ですよ。

    掲載日:2014/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寂しかったのかな

    この国いちばんのケーキやさんだとは思えないほど、むすっとした
    表情だったコーラ・リー。
    しんじゃってゆうれいになって出てきます。
    寂しかったのかなあ。すごくナイーブな人だったのかなあ。
    でもそんな「いつもレモンを食べたみたいにクチをすぼめ」たような
    顔をしていたら、誰だってお話したいなあという気持ちには
    なりにくいですよね。
    アニーみたいな気概のある、そうして優しいシェフが、
    コーラ・リーのお店を買い取ってくれてよかったなあと
    思いました。
    まだ小さい娘は(小さいがゆえにまっすぐですので)、このナイーブさ
    がわからなかったようで。
    この絵本も先に読んでいたのですが「いい絵本だよ」ではなく
    「ゆうれいになっちゃう怖い絵本だよ」と、私に教えてくれました。

    掲載日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキなケーキ屋さん

    このお話はケーキ屋さんのおばあさんが亡くなってからも自分の店にゆうれいになって住んでいて、そこに素敵なケーキ職人がやってきて一緒にケーキを作るっていうお話でした。うちの子は幽霊が手伝って作ったケーキってどんな味だろう??ってワクワクしながら見ていました。

    掲載日:2013/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ただのオシャレな絵本かと思ったら

    絵も中身もとっても外国っぽくて幻想的でおしゃれな絵本。
    ケーキやさんの絵本はよくあるし、ゆうれいの絵本もよくあるし、でもそれがひっついちゃったらどんなお話になるんだろうと楽しみに読み進めました。

    お話はおいしいケーキを作るコーラ・リーおばさんが亡くなるところから本格的に始まります。
    ゆうれいとなって何か現世に未練があるかのようにいじわるを言ってくるコーラ・リー。
    ただのいじわるおばあさん(のゆうれい)かと思ったら‥
    ちゃんとした彼女なりの希望があったのですね。

    意外なその希望に思わず胸が熱くなってしまいました。
    ただの子供向け絵本にしておくにはもったいないくらいのお話でした。

    たくさん絵本を読んできましたが、こんなに「素敵な絵本に巡り合えてよかった!」と思えたのはあまりありません。

    絵本ってやっぱりいいなぁ。

    掲載日:2012/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べてみたい

    • Yuayaさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子6歳

    国一番のケーキを作るというコーラ・リー。
    そんなコーラ・リーもこの世を去り・・・お店には新しい店主が。
    主人公と呼べる人物が亡くなるという展開は初めて!
    亡くなっても尚幽霊となりお店を自分のものとしているコーラ・リー。
    次々に新しい店主がやってきても追い出してしまう。
    そんなコーラ・リーにも屈しないアニーが登場し、物語は一変します。
    最初は敵同士であった二人が、喧嘩をしながら徐々に仲良くなっていく様がすごくよかったです。
    コーラ・リーが求めるケーキとはなんだろう?どれほどおいしいものなんだろう?と思いながら読んでいましたが、その答えは意外なものでした。
    でもすご〜く納得!そっか!そうですよね^^
    その後も二人で営むケーキ屋さん。
    本当においしそうで食べてみたい気持ちでいっぱいです。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温かくなります

    コーラ・リーはとってもおいしいケーキやさん。でも、亡くなってしまい残ったのは、そのお店。
    そこにコーラ・リーは幽霊になって出るのです。何人ものケーキやさんが、
    そのお店で新しくケーキやさんを開こうと思いますが、嫌がらせをするコーラ・リー。
    でも、幽霊のコーラ・リーは「私を感動させるケーキを作ったら、このお店をアニーにあげる」といいます。
    そのケーキとは・・・。

    はやく続きを読みたくて、夢中で読み進めました。途中で4歳長女は「ちょっと長い・・・」と言ってましたが、
    私はすごく気に入りました。素晴らしいお話だと思います。是非読んでもらいたいです。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • わが家のお気に入りナンバーワン!

    • はなたま*さん
    • 30代
    • ママ
    • 長崎県
    • 女の子11歳、女の子9歳

    こわ〜いゆうれいのお話ではなく、頑固でへんくつなゆうれいのホロッとくるお話です。

    どんなケーキを作ったら、ゆうれいは満足しておとなしくしてくれるのか…?
    最後まで予想がつかず、お話の展開は目まぐるしいながらも筋が通っており、クスッと笑えてあきません。「ケーキやさん」というだけあって絵もシャレてます。

    今までにないタイプのケーキやさんのお話と大人っぽいシャレた絵に娘たちもすっかり魅せられ、大大大好きです。図書館で借りて読んだのですが、「買ってーーーっ!!」とせがまれて購入することに。

    ただ今、わが家のお気に入りナンバーワン絵本です。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ケーキがある場所に流れる幸せな時間

    • ランタナさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    マージョリー・プライスマンさんの「アップルパイをつくりましょ」が楽しかったので
    作者は違いますが、絵者が同じのケーキの本♪を期待して手にとりました。
    嬉しい大当たりです!

    国いちばんのケーキ職人、コーラ・リー・メリーウェザーは
    いつもレモンを食べたみたいに口をすぼめた気難し屋さん。
    亡くなったあとも(主人公なのに!)、売りに出されたケーキ屋に幽霊となって現れ、新しい職人さんを追い出します。
    4人目のアニー・ワシントンは気丈な女性。
    コーラ・リーは「なみだがこぼれるほどすばらしいケーキ」を作れば
    台所をゆずると約束するのですが・・・・

    長めのお話ですが、
    ちょっと意地悪で茶目っ気のあるコーラ・リーと元気で気持ちのまっすぐなアニーの応酬が楽しく、
    どうなる?と引き込まれる展開や、
    多種多様のケーキが続々登場するおかげで飽きさせません。
    年長の息子も夢中になって聞いていました。

    勢いのある線で登場人物を表情豊かに描いた絵もいいんです。
    美味しそうに描かれたケーキは、食べたくなって困ります!

    幸せな結末には、コーラ・リーの想いがじんわりと伝わってきて
    嬉しくなりました。
    今までの物語がするすると収束されていくような感覚、
    もう一度読み返したくなります。

    ラストも素敵!だし、
    おまけの「ゆうれいもよろこぶチョコレートケーキ」のレシピは
    作者の家族が大好きなケーキだそう。
    (作者紹介もケーキに絡めた文章。遊び心いっぱいで楽しいですよ。)

    ケーキがある場所に流れる幸せな時間をご一緒しませんか?
    長めのお話ですが、ケーキが好きな(作るのでも、食べるのでも)年長〜小学生位のお子さん、
    また大人の方にもおすすめの絵本です。

    掲載日:2011/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット