もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

いぬとかりうど」 みんなの声

いぬとかりうど 作・絵:ブライアン・ワイルドスミス
訳:菊島 伊久栄
出版社:らくだ出版
本体価格:\1,360+税
発行日:2000年
ISBN:9784897773605
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,263
みんなの声 総数 2
「いぬとかりうど」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 優しすぎる犬って、猟犬にはなれません。
    鉄砲で撃たれたカモを助けようとする犬の健気さが伝わってくるけれど、猟師が猟をしなくなったら、どうなんだろうか?
    優しさの延長線に動物愛護があるのだけれど、それだけでは人間は生活できません。
    妙に葛藤の残る作品です。
    絵がとても印象的です。
    いろいろなことを考えられる絵本だと思います。

    掲載日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい猟犬

    狩人に引き取られた子犬が成長し、狩りに出かけました。
    撃たれて苦しそうなカモを見た犬は、
    狩人にカモを届けるのではなく、棒を持ち帰りました。
    狩りのたびに撃ったカモではなく棒を持ち帰る犬。
    そして犬は傷ついたカモたちに夜な夜なパンを運びます。
    狩人は犬の行動に気がつき・・・

    優しすぎる犬と、狩人です。

    スポーツとしての狩りならば不必要な殺生ですけど、
    狩人は生きるために必要な分だけカモをとるのでは?と
    ちょっと違和感を感じました。

    でも、絵がすごく素敵なので気に入りました。

    掲載日:2012/12/25

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット