あかまる どれかな? あかまる どれかな? あかまる どれかな?の試し読みができます!
作: しみずだいすけ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
パパやママの質問に答えて「これ!」とゆびさし。「できた!」達成感で“地頭”がぐんぐん育つ、ゆびさしあそびの絵本です。

マドレーヌといぬ」 みんなの声

マドレーヌといぬ 作・絵:ルドウィッヒ・ベーメルマンス
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1973年05月
ISBN:9784834003635
評価スコア 4.73
評価ランキング 946
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

61件見つかりました

  • パリの街並みの美しさ

    お話の背景の効果的な街並みがとてもすてきです。
    大判絵本なのでさらにその魅力が増しているようです。
    評議員という難しい言葉もでてきますが,
    娘は「わるもの」というひとくくりの中に収めて納得しているみたい。
    評議員=悪者ではないんだけどな(笑)
    動物といっしょに眠るのをうらやましそうにみていました。

    掲載日:2006/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • パリの街をお散歩しよう!

     パリの街の挿絵、一つひとつがとってもあったかくて大好きです。子どもたちとジュヌビエーブという犬の心温まるおはなしですので、ぜひ、女の子に読んであげてください。

    掲載日:2006/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • これもオススメ!!

    • 洋梨さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    4歳過ぎて、ついにヒットしたマドレーヌ。
    ただ今、せっせとシリーズを読んでいます。
    やっと図書館で手にした、マドレーヌといぬ、、、

    先日「元気なマドレーヌ」を購入したんですが、
    こっちを購入すれば良かったかも?と、ちょっと
    後悔しました(笑)。そのくらい、面白いです!!
    オススメです〜〜〜〜〜!

    「ふっても てっても 9じはんに」や
    「ところが そのひの まよなかに、でんきをつけて
     ミス・クラベル、ようすが どうも へんですね」
    など、お得意の「決まり文句」がふんだんに登場するので、
    娘はもう、大喜びです。

    裏表紙にも使われている、なにごとにもおどろかない人、
    ミス・クラベルが、夜中に飛び起きて、身支度しながら
    マドレーヌ達の部屋にかけつけるところが、たまりません!
    娘も大好きで、いつもゲラゲラ笑っています。

    ジュヌビエーブという、日本人にはちょっと読みづらい
    名前の犬(メス)が登場します。娘には、どうかな?
    と思いましたが、いつの間にか、ちゃんと読んでました。
    いなくなったジュヌビエーブを探すページでは、
    娘も必死になって、
    「ジュヌビエーブ〜〜〜!」と探しています。

    マドレーヌが、橋の欄干を、まるで平均台でも渡るかの
    ように、歩くページでは、
    「マドレーヌ!あぶない!おちちゃうよ〜〜!」
    と、真剣そのものです。

    私は、行ったこともないフランスの町並みに、うっとり♪
    「いつか、行ってみたいな〜、、、」などと思いながら、
    ページをめくっています。

    掲載日:2006/07/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジュヌビエーブ大好き

    • ぐるんまさん
    • 30代
    • ママ
    • 和歌山県
    • 女の子7歳、男の子1歳

     マドレーヌシリーズではこの本が一番好きです。
     これも娘が年長の時によく読んでいました。
     最初は古い屋敷に12人の女の子が一緒に暮らしている寄宿舎生活や学校検査の日がぴんとこなかったようですが、
    マドレーヌがおぼれそうになるところをたすけてくれる犬の登場からワクワクし始めます。
     歌も歌える利口な犬、ジュヌビエーブ。ジュヌビエーブという名前も気に入ったみたいです。
     みんなでジュヌビエーブを探すぺージでは「ジュヌビエーブ〜 ジュヌビエーブ〜」と呼びながら自分も一緒に探してページをめくります。
    探しに行った場所も最後に書かれていますが、『チュイルリー公園』をみんなで探す場面では、犬を連れて散歩している人が多いので、マドレーヌと一緒に必死で探していました。
     さんざん探しても見つからなくてがっかり・・・
    でもジュヌビエーブは帰ってきたのです!!
    またまた誰が寝かせるかみんなでおおさわぎ。 
     そして・・・注意するのに3度目にみんなのもとへ行ったミス・クラベルのびっくりした顔とジュヌビエーブとうまれた子犬たちを見て「うわあ!!」とびっくり。 
     最後にジュヌビエーブを先頭にみんな一匹ずつリボンをつけた子犬を連れてのお散歩に「いいなあ〜」と大喜びでした。
     それと『きょうはなんのひ?』を初めて読んだ時に、まみこちゃんが一番好きな絵本としてこの本がでてきたのであわてて本棚から探してきてこれこれ〜と喜んでいました。

    掲載日:2006/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとマニアな感じがたまりません

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    このマドレーヌシリーズはとても人気があって、コアなふぁんが多いんですね。
    恥ずかしながら、全く私は知りませんでした。

    この本が子育てセンターにあり、二人とも表紙にひかれよく持ってきた本です。
    読んでみての感想は、初見だと上手に読めないんです。
    原書が洋書なので、犬の名前が「ジュヌビエーブ」とか「・・すんでに・・もくずになるというところを・・」などと、日ごろ使わない表現満載で、何度とちったことか。
    しかし、何度が読むうちに慣れてきて上手に読めると自分自身も気持ちよくなり、クセになる感じもある本です。
    絵は雑な感じがするけど、とても印象に残ります。

    子供は、独特な絵とほっとするストーリーで、大変受けが良いです。
    結構好きなので古本で買ったところ、時々思い出しては持ってくるタイプの本で、二人共に親しまれています。
    読めば読むほど、味が出てきて好きになる絵本なので、何度か読んでみるとさらに良いと思います。

    掲載日:2006/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • マドレーヌ達にすっかり夢中になりました。

    • れんげKさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、男の子5歳

    マドレーヌ達のやさしさと、犬のジェヌビエーブの賢さがすてきでした。
    動物を大切にする12人の女の子達は、本当に素敵で、ジェヌビエーブを本当に本当に大切にしているんだなぁ・・・と思いました。
    また、犬のジェヌビエーブも信じられないくらい賢い!

    最後はやっぱり、ジェヌビエーブの取り合いで叱られてしまいますが・・・それも、年頃の女の子っぽくてかわいいです。

    話のテンポも良く、読んでいて、本当に楽しめるお話です。
    このシリーズは、ぜひ、全部読みたいと思います。

    掲載日:2006/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • これで取りあいになりません

    マドレーヌの本は、絵がシンプルなのですが、子供は結構、ひきつけられるようですね。カラーページの絵は細かいところまで、よく見ているようです。おぼれてしまったマドレーヌを助けてあげた犬のジュヌビエーブ。人気者になるのも当たり前ですよね。最後に子犬が生まれて、これで、取り合いにならなくてすむことを知って、息子は「よかったね」とほっとした表情をしていました。

    掲載日:2006/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • マドレーヌちゃん大好きです

    マドレーヌちゃんは大好きで人形・着せ替え・小物などたくさん持ってます。もちろんジェヌビエーブぬいぐるみも持ってるの一度は娘に読ませたかった本です。 
     娘の反応は想像より薄かったのが残念です。でも自分の知っている女の子と犬と先生が繰り広げる物語なので自分の頭のなかでいろいろ想像はしやすかったと思います。もうすこし大きくなったらまた読みたい本です。

    掲載日:2006/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 独特な言い回しが

    • アイノママさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子5歳、男の子1歳

    林明子さんのファンで、「きょうはなんのひ?」にちょっと出てくるため、実在する本なのかと思い、購入しました。ちょっとむずかしいかな?と思ったけど、子供はとっても気に入ったようで、何日も続けて読んでとせがみます。「おやすみなさい、ミス・クラベル!」というのが気に入っていて、親にもそう言って眠っています。また、「もくずになるみを」という言い回しも気に入ったようで、よくその言葉を口にしますが、「もくず」って何か本当には分かってないと思います・・・。

    掲載日:2005/07/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • コールデコット賞を受賞した2作目

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    さすが、コールデコット賞を受賞しただけあるなぁ(賞そのものの価値は良く知りません)と、思う作品でした。
    その2作目で、『マドレーヌ』は飛躍的に面白さが増した気がします。
    川でおぼれかけたマドレーヌを助けてくれたのら犬を、ミス・クラベルと、みんなは寄宿舎(?)へ連れて帰り、ジュヌビエーブ(長い名前ですよね。一体どんな意味のある名前なんでしょう?)と名付け、飼うことにしました。
    ところがそんなある日、評議員の人達が学校へやって来て、ジュヌビエーブを見つけ、外へほうり出してしまうんです。
    評議員の人達が帰った後、みんなでジュヌビエーブを探しにいき…。
    お話の中で、これでもかこれでもかって、盛り上がりがあって、楽しめました。
    ラストの方で、テンポよく、何度もミス・クラベルが起きなければならなかったシーンが面白かったです。

    掲載日:2005/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

61件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


新米パパママへ贈る  子育てはツライ!?楽しい!? 本音トーク 座談会

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット