こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 

ぽたぽたとぷん」 みんなの声

ぽたぽたとぷん 作:谷川 俊太郎
絵:今井 弓子
出版社:さ・え・ら書房
本体価格:\1,165+税
発行日:1979年
ISBN:9784378002040
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,879
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • オノマトペ……、ですよね?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子12歳、

    やはり1979年に出版されている古い絵本です。
    なので、この当時日本にはたぶん《オノマトペ》という言葉が確立していないようで、谷川さんはこの作品で使った擬声語や擬態語を「おとまねことば・ありさまことば」と、呼んでいました。

    後書きを読むとこの絵本の主人公(ちゃこちゃんという女の子だそうです)は、挿絵の今井弓子さんが作り出しているようです。
    セリフは一言もありませんが、谷川さんがつむぎだしたオノマトペの世界でとっても楽しんでいる様子がよくわかります。
    短い音の世界で、絵の状況もよくわかるので、小さいお子さんのお話会などにも使えそうです。

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんの音

    いろんなシーンでの水の音をテーマにした
    絵本なのですが、こんなにいろいろな表現の
    仕方があるんだと、感心してしまいました。
    日本語の素晴らしさを教えてくれる絵本なので、
    小さなお子様はもちろん、大人の方にも読んで
    いただきたい絵本だと思います。
    優しい雰囲気の絵も、とても素晴らしいですよ♪

    掲載日:2012/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • あかちゃんでも 6歳でも

    ちょろちょろ 
    じゃあじゃあ
    ぴゅうぴゅう
    びしゃびしゃ
    1ページめくるごとに 子供が日常知っている水の体験を
    とてもシンプルな言葉で書いてある

    多分1歳前後のあかちゃんに見せて
    読んでやっても ことばで喜ぶだろう

    文字を覚え 味をもって自分で読めるように
    なってきた5,6歳の子供にとっては
    自分でも楽に読める文だし
    親が読んでやる時は 自分が知ってる水の感覚を
    思い出すようにじっと見入ったり
    わらったりして喜んでいた

    掲載日:2008/02/06

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ねこのさら
    ねこのさらの試し読みができます!
    ねこのさら
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    この夏、らくご絵本を読んでみよう!あれっ、この皿はもしかして・・・


『いちにちじごく』作者インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット