庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

赤いろうそくと人魚」 みんなの声

赤いろうそくと人魚 作:小川 未明
絵:たかしたかこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1999年
ISBN:9784039635808
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,202
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お金は恐ろしい

    日本の昔話に、人魚が登場することに驚きました。
    どこかの地方には、こういった話が伝わっているのでしょうか。

    このお話を読むと、「大金は恐ろしい」とつくづく思います。
    優しかったおじいさん・おばあさんの心を変え、穏やかな暮らしまで失うのですから・・・どんなオバケよりも、怖い存在だと思いました。

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間の残酷さを感じる。

    • コギタマさん
    • 20代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子1歳

    小学生の頃、人形劇で見たのをきっかけに読んだ本です。人間の残酷さを感じる暗い本ですね。どういうわけだか、私は子供の頃から、この絵本が好きでした。情感が豊かで、人魚の哀しさ、海の暗さや、人の欲の深さ、ぽっと浮き上がるろうそくの恐ろしさや美しさが、まるで目に見えるかのようにつづられていたからなのかも知れません。日本語も、とても美しい。余韻にひたるのが好きでした。

    掲載日:2008/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しくて哀しくてちょっと残酷な物語です

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪7歳

    未明の作品は、童話だけどもハッピーエンドの童話じゃなくて、美しくて、哀しくて、少し残酷な話が多いですね。『金の輪』でも少年がああいう終わり方をするとは哀しすぎる。少年がああいう終わり方をしているので余韻があるのはたしかだけどね。
    そしてこの赤いろうそくと人魚も美しくて哀しくて少し残酷です。でも人魚のおかあさんってちょっと身勝手かなと思う。自分の思い込みだけで、陸の人間が人魚の赤ちゃんを可愛がってくれると思って子供をすてて、自分の思いどおりにならなかったら嵐を起こす。
    人魚は身勝手、人間は金に欲が眩み強欲、1番可哀想なのは人魚の娘ですね。
    たかしたかこの絵は綺麗で、大人が持っていても、部屋の本棚においていてもなかなかおしゃれです。

    掲載日:2008/02/06

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット