なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

5さいってたいへん」 みんなの声

5さいってたいへん 作:ジェイミー・リー・カーティス
絵:ローラ・コーネル
訳:もりべちか
出版社:バベル・プレス
本体価格:\1,600+税
発行日:2007年12月
ISBN:9784894490642
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,494
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 5歳児

    ゆっくり、ゆっくりの孫も5歳児になったんだなあって、随分大きくな

    ったんだなあって改めて思いました。ゆっくり、ゆっくりの孫は、今は

    もう2歳半くらいに成長したようでとても嬉しく思っています。

    遅い分沢山喜びも与えてもらっているし、毎日毎日孫が出来ることに感

    動をもらってとても喜んでいます。5歳児に成長するのもとても楽しみ

    になってきました。この絵本を読んで5歳児に感心することばかりで、

    5歳児の気持ちが教えてもらえてとてもよかったと思いました。

    絵にも親近感が持ててとてもよかったです!

    5歳児を持つ親御さんに特にお薦めの絵本です。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 5歳の子に

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    タイトルにひかれて5歳の子に読んでみました。
    たしかに5歳ってだんだん自分でいろいろなことができるようになってくるしで、ちょっと扱いが変わってくる頃かもしれませんね。
    弟君の王子様っぷりがまた(笑)。
    5さいってたいへんだけど、たのしい!その精神でがんばってもらいたいものです。
    まだまだ甘やかしてもらいたいのか子供の反応はそんなでした。

    掲載日:2016/07/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 5歳の子供と

    5歳の子供と読みました。タイトルに惹かれたからです。絵も外国、アメリカンな雰囲気がでてるようにかんじました。すごーく期待して読んだ割には子どもにはあまり共感、理解が出来なかったようで食いついてくることがありませんでした。5歳ってもうこどもじゃないという始めの文には惹かれたようですが。でもやはり自分と同い年のこどものお話だからか「この子は5歳で幼稚園ではなく、学校に通っているんだね」とか違いをみつけてました。あとこの絵本は5歳はたいへんだけでなく、5さいサイコーなところものせてます。

    掲載日:2014/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 5歳の気持ち

    私の長女も5歳です。同じ5歳に親近感を持って借りてきました。

    5歳の長女、下に3歳次女がいますが、やっぱり怒るのは長女の方が多くなって反省する毎日。5歳児ってこんなに頑張ってるんだ、お兄ちゃんお姉ちゃんってこんなに頑張ってるんだと改めて感じました。

    この絵本を読んでもっといいとこをたくさん見つけて、のびのび自由にやらせてあげたいなと思いました。少しずつ母頑張ります(笑)

    掲載日:2013/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうなの??

    うちの子は早く5歳になりたがっているのですが…この話を聞いていて、「5歳ってそんなに大変なの??」って真剣な顔で聞いてきました。それがとってもかわいかったです。でも、5歳になって楽しいことも書いてあったはずですが・・・・マイナス思考の事だけ頭に残ったのかな!?子供目線で描かれていてとっても面白かったです。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとに大変よ

    この絵本を読もうと思って手に取ったら、5歳の娘がタイトルをみて
    「ほんとに大変よ」と呟いていました。
    ほんとに大変だろうなって傍から見ていても思います。
    もっと小さかった頃よりも、自分で自分を上手にコントロールできて
    いないように見えるもの。
    そのくせ、周りの人からは小さかった頃より、格段に「きちんと
    していること」を求められるしね。私も(自分を扱いきれていない)娘と
    このごろしょっちゅう衝突しています。

    でも。
    この絵本とおんなじで大変ではあるけれど、ひとりでできることも
    増えて、楽しいよね。
    「ぼくはぼくで かんがえて ぼくはぼくで かんじているから」
    ってことも意識できるようになってくるしね。
    さてさて、どうやって娘は自分自身を操縦するかな?
    私はどうやって娘を操縦していこうかな?

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、男の子2歳

    図書館でそろそろ5歳になる息子が手にして借りてきました。
    読んでびっくり!
    まさに自分の代弁者のようだったみたいです。
    「そうなんだ」「そうなんだ」と言わんばかりに
    うれしそうでした。

    逆に私は、確かにダメダメ言ってるなぁと反省したり、
    5歳の男心をわかっていなかったなぁと振り返るいいきっかけになりました。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • にんたいだよ の一言に吹き出しつつも

     “どうやってぼくをそうじゅうするか”というサブタイトルがついています。
     5歳の男の子の可愛らしい独白です。

     5さいってたいへん
     もうちいさいこじゃないんだ
     なつかしいなあ
     1さい 2さい 3さい 4さいのぼく…

     5歳の心の内ををのぞけます。
     5歳児なりに自分自身や周りの変化に対応することに一生懸命なのが解ります。
     
     にんたいだよ
     の一言に吹き出しつつも、“我慢する”という自分をコントロールすることを意識的に始める年頃なんだな〜って、思いました。
     じーっとすわっていなきゃならないシーンは笑いました。
     なるほど、5歳児にはつらいかも。
     
     でも、たいへんっていいながら、自身の成長に喜びと自信をもって「ぼくはぼくに だいまんぞくなんだ」っていっている良い笑顔で結ばれていて、頼もしい子に育つだろうなって思いました。

    掲載日:2010/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 5歳は大変なんです

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    世間では魔の2歳児という言葉はよく聞きますが、うちでは魔の5歳児に手を焼いてます〜!!
    魔の5歳児ってないのかな?
    あってもよさそうなんだけどうちだけなのかな??

    この絵本のサブタイトルが「どうやってぼくをそうじゅうするか」なんですw
    5歳の子ってどんな気持ちでいるのが、どんな風に感じているのか知りたくて私が読むために借りてきました。

    5歳って、小さい子でもなく大きい子でもなく結構曖昧な年。
    まだまだ子供だけれどしっかりしなくてはいけない事がだんだん増えてきて、昔のように甘やかせてもらえない。
    結構大変な年頃なんだなぁって感じました。
    親や大人が思うより、本人たちは複雑な気持ちを抱えているのかもしれないですね!

    でも大変な事ばかりじゃなく、楽しいこともいっぱい!
    出来なかった事も出来るようになったり嬉しいこともたくさんあるよね〜!!
    5歳の特長を知り、今まで気付かなかった複雑な気持ちを知り、また違った接し方ができるような気がしました。
    子供の目線に合わせて一緒に大変な事や嬉しい事を感じていけたらいいなぁ。
    息子も読みながら共感しているようでした。
    「5歳って大変なんだよ!でも楽しい〜!」って^^

    掲載日:2008/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 通らなきゃいけない道

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    副題に『どうやってぼくをそうじゅうするか?』と書いてあります。
    5歳・・・赤ちゃんじゃないし、かといって子ども?小学生ほどしっかりもしていない親からみても何を考えているのか謎の年頃だったような気がします・・・

    5歳の男の子・・の日常がそのまんま描かれていて、弟に対する気持ち・・可愛い気持ちとかうらやましい気持ちとか、お兄ちゃんだから〜って気持ちとかが楽しく描かれていて
    とても面白い絵本でした。

    小学生の子どもたちにはとおり過ごしてきた事だからか、すごく楽しんでもらえました。

    私もわが子を思い出し・・大変さが思いだされましたが、こんな風に大変を楽しめる時期って短いんですよね。
    懐かしくもあり、のびのび育ってよかったなぁ・・と思います。
    これから5歳になる子どもたちにみんな、大変さを親子で楽しんでほしいと思います。

    掲載日:2008/02/08

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット