あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

おむすびころりん」 みんなの声

おむすびころりん 作・絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年12月
ISBN:9784323037110
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,879
みんなの声 総数 25
「おむすびころりん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 定番物語をやさしい雰囲気で

    定番の昔話もいもとようこさんのイラストがつくだけでなんだか可愛らしくなりますね。おむすびころりんは日本昔話の中で息子が大好きなお話です。あまり意地悪な登場人物がいたりするのは好みません。数多くの“おむすびころりん”を読んできましたがこちらのエンディングにはびっくりでした。「え?もぐら?」でもこちらのエンディングの方が怖い話を好まない子にはいいと思います。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵がかわいい!

    いもとようこさんのむかしばなしの中でも、一番子供ウケがよかったのがこの絵本でした。絵もかわいくて大好きなのですが、内容も表現豊かでかわいらしく、大人も子どもも一緒に楽しめる絵本です。贈り物にもぴったりだと思います^^

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 欲をかいちゃだめ

    • 沙樹さん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子6歳

    おむすびが落ちて転がっていき、
    落ちた穴からねずみたちの歌声が・・・
    もうひとつ、もうひとつとおむすびを穴に入れていき、
    とうとうおじいさんも穴の中へ!

    おむすびのお礼におもちと小判をもらったおじいさん。
    その話を聞いて、
    隣のおじいさんもマネを・・・

    欲深い隣のおじいさんは、つづらを二個とももらおうと、
    猫の鳴き声のマネをして、ねずみたちを追い払いましたが、
    同時に明りも消えて、真っ暗になってしまい、
    地上に戻れなくなって・・・ついにはもぐらになってしまいました。


    以下はこどもの感想です。
    「おもちがおいしそう。
    ひとってもぐらになるの?」

    掲載日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛いおむすびころりん!

    とにかく,いもとようこさんの描く絵が可愛らしいこと!
    可愛いおむすびころりんです。
    2歳前後の小さなお子さんにも十分に楽しめる絵本だと思います。
    「おむすびころりん」の絵本はたくさん出ているので読み比べてみると面白いと思います。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ところどころ記憶と違いました

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    娘がおむすびが最近好きなようなのでそういえば「おむすびころりん」というお話があったなー、そろそろお話も楽しめるようになってきたし、読んでみようかなと思い読んでみました。
    私の幼いころ読んだお話とところどころ違うような…。
    大筋は同じですがおじいさんが穴に落ちる過程で楽しそうに踊っていたとかいじわるじいさんの最後等。
    いろいろ同じお話でも細部が違っていると発見が楽しいです。

    掲載日:2014/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 記憶とは異なる結末

    懐かしい!
    子どもの頃、この昔話を母親によく読んでもらったことを思い出しました。

    「確か意地の悪いおじいさんは、このあと・・・」
    「あれ?ふたつとも奪おうとするの?!」
    「あれれ?もぐらになっちゃった?!」

    記憶とは異なる結末に、すこし混乱。

    でも、これもアリだなあ・・・。
    こちらのほうが、おじいさんにとって不幸かもしれないですね。

    意外な展開に、ドキッとさせられました。

    掲載日:2014/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • え?もぐら??

    すこし長めで物語性の強い絵本でもきちんと聞けるようになったので、日本の昔話にチャレンジしようと思って購入しました。
    たくさんある中で、こどもが食べ物にとても興味を持っていることからこのタイトルを、自分が子どもの頃から親しんでいるいもとようこさんの絵で読めるので、この絵本を選びました。

    「おむすびころりんすっとんとん♪」
    という、懐かしいフレーズとともに、いもとようこさんのかわいらしいイラストが動きます。
    「もひとつ食べたいすっとんとん♪」
    あれ?「もひとつころりん」じゃなかったっけ?
    そしてお話は進んでラスト。
    「・・・とうとうもぐらになってしまいました」
    えっ!?
    子どものころに読んだ記憶では、隣のおじいさんは大きなつづらを持ち帰って不幸になったきがしますが、この絵本ではねずみの穴から出られないまま、モグラになってしまいました。
    「そうだった、そうだった」と納得したかったこともあって昔話を選んだのに、新たな展開にびっくり!
    パパに聞いても同じ反応でした。

    どちらが正しいのかわかりませんし、口頭での伝承なのでどちらも正解なのかもしれません。
    私たちがあの結末を覚えているように、わが子は、この結末を大人まで覚えているんだろうなあ、と、子どもの将来に思いをはせた一冊です。

    掲載日:2013/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供も夢中!!

    子供が発表会ですることになり、読んであげました。
    いもとようこさんの綺麗で素敵イラストと一緒に子供も食い入るように物語を聞いていました。
    昔から知っているお話ですが、こどもにもいろいろと考えさせることのできる内容で、語り継がれていく物語なんだなぁと実感しました。

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • とてもわかりやすいです

    おむすぴころりんすっとんとん♪

    このお歌が気に入った様子。

    おむすびが穴に落っこちてしまうシーンが好きな様です。

    小さい子向けにわかりやすく出来ています。

    絵も優しいタッチで、さすがいもとようこさん。

    昔話を読み聞かせしようと思ったら、いもとようこさんが作られた絵本がイイかもしれません^^

    掲載日:2012/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い絵!

    御馴染みの昔話の、「おむすびころりん」ですが、いもとようこさんの可愛い絵ににっこり微笑んでしまいます。交流保育でお邪魔している園で、大好きなあきとくんが意地悪なおじいさん役をやったので孫も覚えている(?)ようです。可愛い絵を見ながら、「おむすびころりん」が嬉しかった孫です。

    掲載日:2012/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット