貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

日本のむかしばなし」 みんなの声

日本のむかしばなし 作:瀬田 貞二
絵:瀬川 康男 梶山 俊夫
出版社:のら書店
本体価格:\2,000+税
発行日:1998年
ISBN:9784931129832
評価スコア 4
評価ランキング 20,675
みんなの声 総数 3
「日本のむかしばなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵本の単品で読むことが多い昔話でしたが、この本では話そのものに向き合えたように思います。
    必ずしも誰にも知られた昔話にこだわらない軽快なセレクションに、味わいと親しみを感じました。
    昔話は、話が色々に違うことがあって、意外感との遭遇が楽しめるのですが、今までに知らない『えすがたあねさん』に出会えただけでも価値があると思います。
    (先に読んだ、『おやすてやま』と展開がそっくりです)
    挿絵を瀬川康男、梶山俊夫という代表的な昔話の絵本作家が競作しているのも、とても贅沢だと思いました。

    掲載日:2015/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 瀬田さんの思い

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    知らない日本のむかしばなしがたくさん読めました。
    タイトルだけだと聞き覚えのあるお話が3つしかなかったのですが、読んでみると「あっ、これは聞いたことがある気がするなー」等思う話もありました。
    『すずめのあだうち』は『さるかに』と似たお話だと思いました。
    瀬田さんのあとがきを読んでたしかに瀬田さんのこどものための思いがくみとれる本だったと感じました。
    迫力や味を殺さず、しかしわかりやすい言い方で文章が書かれていて読みやすかったです。
    聞き手の立場でお話を聞いてみたくなりました。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちゃんと読みたくて

    表紙が地味だとかんじるかもしれませんが
    昔話をちゃんとよみたくて読んでみました。
    どれも有名な話だったけど、作者の文章が素晴らしいなとおもいました。
    子供向けにかわいらしくしてあるのではなく
    人が人に向けて伝えるような言葉になっています。
    方言のようなところもあって、感情をこめて読むと
    もっとおもしろく読めるだろうなとおもいました。

    掲載日:2013/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


「観察が楽しくなる美しいイラスト自然図鑑」シリーズ 編集者インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット