なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
しろりりんさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

デイジーはおかあさん」 みんなの声

デイジーはおかあさん 作・絵:リサ・コッパー
訳:いわき としゆき
出版社:アスラン書房
本体価格:\1,100+税
発行日:1997年
ISBN:9784900656215
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,259
みんなの声 総数 5
「デイジーはおかあさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 見習いたいのんびり子育て

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    子犬を産んでお母さんになった犬のデイジーと、赤ちゃんを産んだ人間のお母さんの生活が、同時進行で描かれています。
    もちろんどちらのお母さんも一生懸命子育てに奮闘。
    だけど、デイジーのお母さんっぷりは、どこか力が抜けていて何ともいい感じなのです。
    愛情はたっぷり注ぐ。だけど自分が苦しくなるほどには頑張らない。
    これって、子育てをする上でとっても大切なことではないでしょうか。
    もういっぱいいっぱいになってしまっているお母さん、デイジーにほっこり癒されてみるのもいいかもしれません。

    掲載日:2010/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  •  探しているのですが『デイジー あかちゃんは わたしよ』が見つかりません。
     先にこちらを読むことにしました。

     ブルテリアでしょうか?
     デイジーが穏やかな表情でクスリとしてしまいます。

     飼い主にも赤ちゃん。
     デイジーにも赤ちゃん。
     両者の子育てが、交互に出てきてユーモアたっぷり。
     飼い主の子育てが、きちっとしている中にも、子持ちのワンちゃんと共有している時間のせいか、ゆったり穏やかに見えます。
     デイジーの子育ての鷹揚さに、飼い主も癒しをもらっているのかな?
     
     それにしても、デイジーに学ぶところが多かったな〜。
     私も子育て中に読みたかった。
     
     眠いときには赤ちゃんと一緒に寝て、疲れたときには休んで、部屋の中が多少散らかったり、汚れていようが元気なお母さんがやっぱり一番。
     子育て中のお母さん、これを読んで一息ついてください。

    掲載日:2010/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒にねんね

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    お母さん犬のデイジーは子供の世話を頑張ります。
    同じ家に住んでいる人間のお母さんと同じように。

    散らかり放題の部屋にイライラしてしまうことって、ママにはよくあることですよね。
    そんなときにこの絵本を読めば、少し心が落ち着くのではないかと思いました。
    我が家にも散らかし魔の娘と、元気いっぱいな犬がいます。
    この2人が一緒に並んで寝ている姿を見ると、やっぱり癒されます。
    絵本を読んで、そんな光景を思い出しました。

    娘は絵本を見ながら、「ワンワンいっぱい!」「ワンワンいなーい!」「ワンワンいたー」とおしゃべりしながら楽しんでいました。
    最後は「ワンワンねんね」と言って、一緒にゴロンと横になりました。

    掲載日:2008/07/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んで欲しいのは子育て中のお母さん。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子8歳

    絵が、ただの形ではなくて、何かを表現しているのだということが分かる年頃のお子さんから、(かなり低年齢からOK)読んであげたい絵本の1冊です。
    お母さんの優しさや温かさがよく伝わるイラストなので、この絵本を読んだ子どもたちはすごくいい気分になれるのではないでしょうか?

    また犬のデイジーの母親業が、いい加減というか手抜きというか。そこがお茶目で、やることなすこと「あぁ、そんなことしちゃって…。うわっ」っと、目をつぶりたくなる際どさに、笑いを誘われました。

    この絵本、もちろん小さなお子さんにはお勧めしますが、本当に一番読んで欲しいのは、今、小さなお子さんを育てるために日夜奮闘しているお母さんです!
    子どもはとてもかわいいですが、小さいうちはいろいろなことに神経を使います。自分自身の時間もとれなくて、ストレスを感じることも多くないですか?(私は子どもが小さいとき、特に上の子を育てている時は、毎日カリカリしていたかも〜)

    そんなお母さんたちがデイジーを見ることで、母親業って、もっと力をぬいていいんだ。もっと気楽にやっていいんだ(同じ意味かな?)って、思ってくれたら嬉しいです。

    掲載日:2008/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子育ての楽しさ

    • ぽー嬢さん
    • 30代
    • せんせい
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    犬のお母さんのデイジーはいつも三匹の子犬のお世話で大変です。
    その忙しいを風景を飼い主の赤ちゃんと比較する感じで描かれています。
    好奇心旺盛な子犬達をやさしく見守ったり、子育ての大変さも楽しさも、しっかり描かれています。
    とっても頑張るデイジーですがラストは子犬達と気持ち良さそうにお昼寝…。
    デイジーは子育てのコツもしっかり押さえているようです。
    たまにはお母さんも一息つかなきゃ、そう思わせてくれお話でした。

    掲載日:2008/02/12

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


木村カエラはじめての絵本出版記念連載

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット