だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

かわいいサルマ」 みんなの声

かわいいサルマ 作・絵:ニキ・ダリー
訳:さくま ゆみこ
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年01月
ISBN:9784895726719
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,377
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アフリカの生活の様子

    カラフルでかわいい表紙の絵に惹かれて手に取りました。表紙に「アフリカのあかずきんちゃん」とあった通りの楽しいストーリーでした。私はサルマのおしゃれなスタイルに釘付け。頭に巻いた青いスカーフ、しましまのンタマ(巻きスカートのようなもの)、白いキレイなビーズのくびかざりに、黄色いサンダル。どれもこれも魅力的です。
    またページ内は、サンダルのパッタンパタン、たいこのドドドンドドドンなど、楽しい音に満ちています。「サールマ、サルマ、かわいいサルマ」という歌も、ノリノリで歌いました。それを聞いていた子どもたちもノリノリです。
    アフリカの人々の楽しい暮らしがユーモラスに描かれていて、とてもハッピーな気分になりました。

    掲載日:2012/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 陽気な南国の雰囲気

     楽しい♪〜楽しい〜♪
     表紙をよく見ないで、読み進めていくうちに、あれ?どっかで聞いたようなお話だ〜。
     読み終わって、もう一度表紙を見直し、サブタイトルを見つけました。
     やっぱりね〜。と、笑いがもう一度こみ上げてきました。
      
     南アフリカ出身のダリーさんが、西アフリカ、ガーナの人々の日常の暮らしをまじえ、サルマに起こった事件をユーモラスにテンポ良く描いています。

     おばあちゃんに頼まれて、市場へおつかいに行くサルマ。
     鮮やかな色目のお洒落ないでたちです。可愛い〜!
     「まっすぐいって、まっすぐかえるんだよ。しらないだれかと、おしゃべりしちゃだめだよ。」とおばあさんに注意されたのに……。

     調子の良い犬です。
     軽〜いのりでサルマに話しかけ、トントント〜ンと自分のペースに持ち込む、性悪男に見えてきます。
     でも、サルマの洋服を着ている姿は、笑えます。
     全てを奪われ、サルマはおじいちゃんに助けを求めに…。
     犬はまんまとサルマになりすましておばあちゃんの家へ……。

     サルマの歌、太鼓やマラカスの音などたくさんの音楽が、陽気な南国の雰囲気を楽しく伝えてくれます。

     1・2年生のお話し会で読んでみたい。
     もちろん、サブタイトルは読まずに、読後にこどもたちに「何かのお話しに、似てない?」ってな質問をしてみたいな。

    掲載日:2010/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • アフリカプリント

    アフリカのあかずきんちゃんと書いてあったので、とても読みたくなっ

    て図書館から借りてきました。

    アフリカプリントのワンピースがとても素敵でした。

    サルマもそうですが、アフリカの人はとてもお洒落だなあって思いまし

    た。孫にもアフリカの暮らしを教えたくて絵本から孫なりに学んでほ

    しい絵本です。

    掲載日:2010/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • インパクトのある絵

    アフリカのあかずきんちゃんと副題がついていて、どんな話か興味を持ちました。

    サルマはおばあちゃんに頼まれてお買い物に。

    お買い物を終えて、怪しげな道に行ったため、あやしげな犬に会います。この絵の犬は本当にあやしげ。

    犬の災難に遭ってしまうおばあちゃん。目が悪いから犬とサルマの区別がつかないって、そんなことはないだろうとツッコミを入れたくなりますが。

    アフリカ的な衣装、町並み、お面など、あかずきんちゃん的なお話なのですが、どこかあっけらかんとした大らかさを感じました。

    息子もインパクトのある絵にとてもひきつけられていました。

    掲載日:2008/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 青いスカーフなので、青ずきんちゃん?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子8歳

    詳しいことは、書いてありませんでした。なので、はっきりしたことはわかりませんが、副題に書いてある通り、ベースはしっかり「あかずきんちゃん」でした。そこにアフリカ風のスパイスを入れて作られたお話という印象です。

    舞台はアフリカです。主人公サルマはおしゃれがしたくなるお年ごろにさしかかった10歳くらいではないでしょうか?

    大好きなおばあちゃんに頼まれて、町へ買い物に行った帰り、荷物があまりに重たくて、「絶対に知らない人と話してはいけないよ」というおばあちゃんの忠告を忘れて、いかがわしい通りで声をかけられたいぬ(擬人化されています)の話にまんまとのせられ…。

    出てくる登場人物みんなが、個性的で、面白いキャラクターたちでした。
    特にサルマから、荷物や衣装を取り上げたいぬは、サルマになりきって訪ねていった、おばあちゃんとのやり取りが、イラストも含め面白かったです。

    おばあちゃんには、いくら目が悪くても自分のかわいい孫の輪郭ぐらいは、見極めてほしかった。まぁ、それを言ってしまったら、物語はちっとも面白くないんですけどね。

    また、衣装や小道具が、いかにもアフリカらしくてよかったです。

    掲載日:2008/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさしくアフリカのあかずきんちゃん

    • さやかさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子9歳、女の子7歳

    表紙のイラストがかわいくて手にとりました。

    読んでみると、どっかできいたことがある話に似てました。

    よ〜く表紙をみてみると「アフリカのあかずきんちゃん」と

    ありました。

    アフリカの生活習慣もよくわかる絵本です。

    掲載日:2008/02/14

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット