もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

パンダの手にはかくされたひみつがあった!」 みんなの声

パンダの手にはかくされたひみつがあった! 作:山本 省三
絵:喜多村 武
出版社:くもん出版
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年12月
ISBN:9784774313580
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,483
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ワクワク!

    パンダが笹を持ってたべるのって、実はスゴイことなんですね!
    パンダの手に、こんな秘密があったとは…。
    しかも、物を握った時にしか、この秘密はわからないなんて、本当にスゴイです!

    こんなにスゴイ、パンダの手の秘密を解き明かした遠藤秀紀さんはもっとスゴイ!

    新しい知を人類に残すこと。
    そして、今解明できないことを未来の研究者に託すこと。
    それが遠藤さんの人生。

    どうぶつの体の謎、科学者の仕事と喜び、もしかすると自分自身の将来の夢まで生まれるかもしれない、ワクワク感にあふれる一冊でした!

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ビックリ!!

    この絵本を読んで衝撃を受けました!!パンダには人間にはない第六、七の指があったのです。うちの子もビックリしていました。人間以外なかなか上手に物をつかむことはできないのですが、この第六、七の指があるからパンダは物をつかむことができるそうで、今度動物園へ行ってじっくり見てみたくなりました。

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物の骨からわかるんですね

    題名を見て、それだけでパンダ好きであれば
    ひかれちゃう本ですね。
    そして、読んでみて初めて
    ”パンダが笹を握って食べていること”が
    不思議なことなんだと気づかされます。
    人間と動物と改めて比較することがない生活の中で、
    生き物って、うまくできてるんだなぁ・・・と
    感心させられることばかり。

    このシリーズを読むきっかけは
    私が、爆笑問題さんのNHK番組をもとに
    かかれた本を読んだからでした。
    動物学者や博物館員ってなにするんだろう?
    っていう、子供の疑問の1つの答えにもなるかと思います。

    掲載日:2012/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • へ〜へ〜へ〜

     図書館で読んでみて、
    「へ〜へ〜へ〜」と感心発見驚きした本でした。

     6年生4年生で読み聞かせで読みました。
    読んでいくと、たくさんの子が自分の手の握ったり開いたり
    親指を折ったり伸ばしたりしていて、「わかるかわるその気持ち!」
    と思いました。
     
     生きているパンダの手は、握れない・・・
    という、ごく当たり前のことも、考えたことがなかったので
    この本で知りました。世の中には、そういう色々な知らないことが
    あふれているんだよなあ・・・としみじみ感じました。

     4年生は
     「国立科学博物館にいったことがある!」
     「7本目の指のこと知っていたよ」
     「わたしパンダに興味ない!」

    と、色々な感想を教えてくれました。これも学びでした。

    掲載日:2011/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 将来、学者さんになりたいお子さんに!

    • みっしさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮城県
    • 女の子8歳

    ちょうどパンダが中国からやってきたばかりなので、タイムリー♪と思って手に取りました。
    まず子どもはタイトルで興味津々。
    読み始めると・・・、前半のパンダの手の説明が若干長く、文章で言われるとちょっとわかりづらかったりで、母子ともに、集中力が途切れかけたのですが、動物学者の遠藤さんが出てきて、場面展開したあたりから、おもしろくなってきました。
    特に、70年間も正しいと思われていたことが、最近になって新たな事実の発見があり、改められるだなんて、とても興味深く思いました。

    遠藤さんは、子どもの頃に時計や機械を分解して、そのしくみを知るのが大好きだったそうです。将来は研究者や科学者になりたい!なんていうお子さんは、きっと気に入ってもらえるんじゃないかな。

    小学校中学年くらいのお子さんにもおすすめです。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わず読み入ってしまいました

     この作品が、図書館の話題のコーナーに並んでいました。

     はは〜ん、上野動物園にパンダが来たものね。
     と思い、手に取り中を開き、思わず読み入ってしまいました。

     凄い!凄い!これは、素晴らしい発見のお話でした。
     ものを握るには、四指しっかり向き合う付け根が筋肉の盛り上がった親指が無ければできません。
     パンダはヒトでもサルの仲間でもないのに、どうして笹竹を掴み食べれる事ができるのか?
     それを解き明かしたのが、1930年のこと。
     動物学者が、パンダの解剖で、「にせの親指」を発見したのだそうです。
     このパンダの秘密を自分の目でも確かめたいと願っていた日本の動物学者の遠藤秀紀さん。
     1994年、上野動物園から、フェイフェイの死を伝えられ、国立博物館に引き取り、解剖をしました。
     「にせの親指」と対面した遠藤さんは、この指が動かない事に驚き、謎が深まる一方でした。
     そして、1996年、ホアンホアンの死により、遠藤さんは見事謎解きに成功し、世界中の動物学者を驚かせたのです。
     
     パンダが笹を主食とするようになったいきさつも合わせて、親子で読んでみてはいかがでしょうか。

     フェイフェイ・ホアンホアンにありがとう!です。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • パンダの手って、すごかったんだ!!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    「パンダの手」にそんな秘密があったなんて、知らなかったので、とても興味を持って、読ませてもらいました。
    ここでは「ジャイアントパンダ」についてしか書かれていませんが、「レッサーパンダ」には同じような手の機能はないのでしょうか?
    しいていうなら、ぜひそこのところまで書いてほしかったな〜。

    パンダって、大変愛嬌のある希少価値の生き物くらいにしか見たことはなかったのですが、人やサルの仲間以外で、手で物を持つことが上手な動物だったとは、ホントに驚きました。

    最近はこういった素晴らしい目の付けどころの、勉強になる絵本も増えてきて、とても嬉しいです。
    押しつけがましい勉強の本はあまり好きではありませんが、未来につなげるような歴史や科学の研究成果を分かりやすく紹介してくれる本はとても好感が持てます。
    こういう児童向けの本や絵本がたくさん増えて、
    これからの子ども達のアンテナが、いろいろな方向を見れるようになってくれたら素敵だな、と思います。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい!!

    • やっほさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子3歳

     ものを握ることは、ヒトやサルのなかまがもつ、なかなかすぐれた技なのだそう。手の骨格から握るためには手の構造がこうなっていなければならないなど、、とてもわかりやすく解説されています。
     パンダはクマの仲間なので、ものを握ることはできない種類だそう。でも笹の葉を握って食べている。どうして?

     その答えはこの本をぜひ読んでみてください。本当に驚きの内容です。科学が発達した現在でもわからないことはたくさんあるんだと、感動した1冊でした。読み聞かせの機会があれば、ぜひみんなに教えてあげたいと思いました。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎ!おもしろい!すっきり!

    愛くるしい表情で私たちを魅了するかわいいパンダ。
    この絵本でパンダが熊の仲間ということを知りましたが
    (わたしだけかしら〜(#^.^#))
    その、熊の仲間の手は獲物を捕まえたり、敵と戦ったりするので
    突き刺したりするために主に使うため、人間や猿のように
    ものを捕まえたりはできない!(へ〜そうなんだ〜)
    では、なぜ?熊の仲間のパンダは
    笹を上手に捕まえることができるのか?

    その疑問を解明するためのお話しを綴ってますが
    生物学者達の疑問や、それに対しての解明の方法なども
    事細かく書かれてますが、貼り絵風の挿絵に
    順を追って丁寧に説明してる文章が、
    学者さんと同じように、「ふしぎだね、そうなんだ!」
    と、1つ1つの問題をクリアするたびに嬉しくなっちゃいます。
    これまでには全然気にしてなかったけれど、
    こうして疑問に思ったり、解明したりするとパンダに対して
    興味を持つことができたり、じっくり観察してみたくなります。
    おもしろい絵本だな〜と、続編もたのしみです。

    掲載日:2008/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • パンダのヒミツ

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    いろんなモノが発達している現在。
    動物の体の仕組みや働きなど、
    すべて分かっていると思っていました、
    まだまだ未知の世界の方が多いのに驚きました。
    今まで解き明かされなかった謎に挑戦する動物学者。
    チャンスとひらめき。
    自分の目で見て、確かめたいという探究心。
    これからどんな動物のヒミツが解き明かされていくか
    うれしくもあり、楽しみでもあります。
    息子は、パンダの手のヒミツがわかったけど、
    それよりも「こんな仕事があるんだぁ」、
    「オレは実験がしたい」と思ったようです。

    掲載日:2008/05/08

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ふたりはともだち / くだもの / チリとチリリ / もくもくやかん / だるまさんが / がまんのケーキ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット