モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

そらまめと わらと すみ」 みんなの声

そらまめと わらと すみ 作:(日本民話)
絵:川上 越子
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2008年01月
ISBN:9784790251804
評価スコア 4.25
評価ランキング 13,944
みんなの声 総数 15
「そらまめと わらと すみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 絵がいいですねエ・・・

    とにかく絵が魅力的ですね。このお話は日本の昔話です。わたしは紙芝居を持っていて、それはそれで面白かったのですが、お話の流れというか、面白さのつじつまがこの本の方がよく理解できました。
    わらなど、細いし擬人化するのも難しいのでは?と思いますが、表情豊かで動きがあって見ていて飽きません。
    最近になって、近所の公民館内の図書室で幼児〜小学生への読み語りにも参加しはじめました。ぜひ紹介しようとおもっています。

    掲載日:2009/07/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素朴な絵が好きです

    私が小さいころ家にあった絵本で、何回も繰り返し読んでいました。
    そら豆の黒い筋がなぜついたのかというお話です。
    そら豆と すみと わらが出てきますが、素朴な表情がなんともいえない可愛さです。
    昔話なので子供たちも興味津々でした。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいお話でした!

    そらまめの黒い筋がどうやってついたか、というユーモアたっぷりのお話です。

    なんですみとわらとそらまめが一緒にでかけるのさ、とか、いやいやそらまめくん、そこそんなに笑うところじゃないでしょう!とか、親子で色々とつっこみつつ、楽しく読めるお話でした。

    北欧在住なのですが、娘が「なんかこのお話知ってる。保育園かな?似たような話をどこかで聞いたことがある、そらまめじゃなかった気がするけど。」と言っていたので、もしかすると似たようなお話がヨーロッパでも伝えられているのかもしれません。

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑いすぎて

    タイトルどうりに、ソラマメ・わら・炭と、面白いキャラクターが登場しましたね。
    やはり、一番印象に残ったのはソラマメです。
    笑いすぎて、自分が痛い目にあうなんて・・・他人を馬鹿にしては、いけませんね。

    興味深かったのは、グリム童話と日本の昔話で、とてもよく似たお話で伝わっているということです。

    掲載日:2013/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほどね。

    なんとも味わいたっぷりの絵。
    あっさりとしたお話なので、低年齢向きかと思います。
    ソラマメの黒い筋の由来は裂けた皮を縫ってもらったから。
    そんなのありえないと言っても、ユーモラスなお話で、読み聞かせの 時間合わせに良いかと思います。
    藁と炭の役割も意外性があって、印象的ですね。

    掲載日:2013/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気になる〜

    このお話は、ソラマメの黒い部分がどうしてできたのかって言うお話でした。うちの子は、このお話を実話だと思っていて、今度本物を買って見てみるって張り切っていました。途中に炭もわらも出てきていたのですが、最後は流されて、その結末がそれっきりなのですが・・・子供も私もその後がとっても気になってます。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひらがなの勉強

    • サマさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    ひらがなに興味を持ち始めたので、4歳の息子と一緒に読みました。
    濁点などまだ判らないようですが、「そらまめ」「わら」「すみ」など読んで絵を見て納得していたようです。
    「ソラマメ」に実物を見たことがないので内容については理解できたかどうかわかりませんが、自分で読める字が多く出てきて、まめちゃん、わらちゃんと呼んで楽しそうでした。

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • グリンピースを観察!!

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    日本民話だそうですが初めて聞くお話でした。

    そらまめが転がり
    わらも落っこちて
    すみもコロコロ・・・
    この三人の身に降りかかった災難のお話。
    そらまめに黒い筋があるその原因は
    この絵本を読むとわかります。

    昔のお話も楽しいですね。
    単純な展開なので暗記して
    旅先で絵本がないときにも
    お話してあげれると思います。

    後日、娘はグリンピースを観察していました。
    筋を探しているようでしたよ(笑)

    掲載日:2010/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本民話は、いいですね!

    ドイツのグリムの話もいいですが・・・・(同じようなお話があるんですね) 国は違っても 人間の考えてること よく似ているんですね!


    この絵本は 絵が 優しくて ほっこりするんす
      おばあさんがかわいいい!!
      そたまめとわらとすみが 歩いているところなんか リズミカルで 楽しいな〜

    じゃんけんに 勝った すみが わらの橋を渡ると   おっと あちちち 燃えてしまうの 
     わらの顔が  おもしろくて  (私もおもしろかったんです・・・・)

     おかしいので 笑った空豆の 表現も 楽しい
     動きがあって さけて しまうなんて・・・

    女の子も優しい顔で  糸と針で縫ってあげるところなんて 何とも 懐かしい光景

    「人のことを笑うのは よくありませんよ」
    女の子はちゃんと 教えてもらって、そらまめくんは わかったかしら? 
     笑った私も 女の子に教えてもらいました。

    掲載日:2009/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味を持つでしょう♪

    なかやみわ氏の「そわまめくんシリーズ」とは違って、勢いのある油絵の絵に惹き付けられ手に取りました。

    お話としては、知ってはいましたが、絵本は初めて見るような気がします。ありそうでなかった???でも、じゃんけんで決めたかな?という疑問が残っています(^^ゞ

    感想に書いてある皆さんと同じく、開いてすぐの表紙の所に書いてある文に「へぇ〜」でした。

    実際にソラマメ知らない子どもには、興味を持つかもしれませんね。炭は、バーベキューとかで見ているかな?わらももしかして実際にみたことないかしら?

    はり絵の作品の中村有希氏の方の絵本も見たいと思っています。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット