もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

まんげつのよるに 大型版 あらしのよるにシリーズ(7)」 みんなの声

まんげつのよるに 大型版 あらしのよるにシリーズ(7) 作:きむら ゆういち
絵:あべ 弘士
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2006年02月
ISBN:9784062785044
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,956
みんなの声 総数 5
「まんげつのよるに 大型版 あらしのよるにシリーズ(7)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 感動とドキドキ

    あらしのよるにシリーズ第7段。
    とうとう完結です。

    前回のふぶきのあしたで、複雑な終わり方をしました…。
    メイは、ガブと会いたくてたまりません。
    しかしメイは、ふぶきに飲まれたガブが助かっているなんて、
    ちっとも思っていませんでした。

    ガブが生きていることには、私も驚きました。
    もしガブが生きていなかったら、この物語をどう終わらせるのかな。
    そう思っていました。
    そして、メイの住んでいる森で、オオカミがいるという噂を
    聞いたとき、私はガブだと分かりました。
    そして私が想像していたシーンは、2人で懐かしみ、感動する……。
    しかし、それは違いました…。

    メイのことを思い出せないガブ。私は、いつ思い出すのかと、
    とてもドキドキしていました。メイもきっと同じ気持ちのはず。

    最後、メイとガブが森でどのような生活をしたか詳しくは語られていません。それは、ご想像にお任せする、ということなのでしょうか。

    掲載日:2013/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしい大団円

    ハラハラドキドキの「あらしのよるに」シリーズの最終巻。
    それにしても、あらしのよるにたまたま出会ったヤギとオオカミがこれほどまでに、数々のドラマチックなエピソードを演じることに、きむらゆういちさんの構成力の素晴らしさを感じました。
    ガブとメイの秘密の交際が仲間たちにばれてから、逃げて逃げて、逃げ切れなくなったと思ったガブは仲間のオオカミたちに戦いを挑んで…。
    雪崩に埋もれたのが前巻の『ふぶきのあした』。
    そのラストシーンを思い起こす書き出しと、夢だったと思うメイの姿。
    そこから記憶を失ったガブの登場は予想だにできませんでした。
    記憶を読み戻すシーンにシリーズの全巻が振り返られます。
    大団円。
    でもオオカミとヤギであることに変わりはないのだから、常に危険と隣り合わせでいるところに、二人の友情が深められていくのでしょう。
    ハッピーエンドですが、余韻がこれほど残る絵本はあまり知りません。

    掲載日:2012/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • この作品に出会えてよかったです

    • Yuayaさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子6歳

    ついについに最終巻!!
    なだれを起こしたガブは!?
    ガブを待つメイは!!??
    どうなったか、どうなるのか、気になって気になっておれませんでした!

    2匹とも無事生きていて喜んだのも束の間。
    期待とは裏腹につらい現実が・・・・
    メイの苦しい気持ち、ガブの記憶喪失。
    あれだけ仲がよかった2匹の中が無残にも壊れていて悲しくて仕方なかったです。
    メイの気持ちを思うともうもう・・・><;
    あれほど固く結ばれていた友情は戻らないのかとメイと一緒に落胆しましたが、あの言葉にガブに変化が!
    最後は泣かずにいられません。
    本当によかったー!!

    これでこのシリーズが最後かと思うと淋しいですね。
    ずっと心に残ると思います。
    この作品に出会えてよかったです^^
    メイとガブに出会えてよかったです^^

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ついに!!

    ついに、ついに、この物語も結末を迎えました。
    読むことが楽しみなような、終わることが寂しいような・・・
    複雑な気持ちで、ページを開きました。

    どうして、こんなにも次々と困難が二人を襲うのでしょう・・・
    つらくなりながらも、読むことがやめられません。

    そして、読み終えたとき、何ともいえない気持ちになりました。
    心を強く揺さぶられた後の、脱力感というか、やっと訪れた穏やかさにほっとしたような感じがしました。

    きっと、この二人には、一緒に生きていく限り、困難が付きまとうことでしょう。
    「でも、この強い絆があれば、乗り越えられる」と、思わせてくれるような結末でした。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙が本当に出てしまいます!

    3歳の娘にもともとは読んだはずが、すっかりママの絵本みたいになってしまいました。3歳にはやや早めかも。途中、ガブが記憶喪失でメイを食べそうになっているところなど、涙が出てしかたがありませんでした。そして、とうとう、、、あらしのよるに、という言葉で思い出したガブ!涙なしには読めません!二人の幸せを願います。

    とにかく感動ものなので、4歳〜小学校入学前くらいまででおすすめですが、オトナにもだんぜんオススメします!

    掲載日:2011/05/06

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット