大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ぞうのボタン─字のない絵本─」 みんなの声

ぞうのボタン─字のない絵本─ 作・絵:うえののりこ
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1975年03月
ISBN:9784572002068
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,578
みんなの声 総数 67
「ぞうのボタン─字のない絵本─」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

67件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • あくまで無言で紹介するのも「手」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳、

    絵を見れば、「ねずみくんのチョッキ」のうえのさんの作品だとわかります。
    副題に「字のない絵本」とあるように、字は全く書いてありません。
    全て絵で表現されている「ナンセンス絵本」です。
    ボタンをはずし、次々に上の皮(?もしくはスーツ?)を脱いでいく「元・『ゾウ』の形をしたなにか」。

    これはいったいなんなんでしょうかねぇ?
    想像するのは楽しいです。

    そして、ねずみまで小さくなった後に出てくるのが、また『ゾウ』というところがうえのさんの作品の面白さを感じました。
    参加型にして、いろいろおしゃべりしながらこの本を紹介するのも楽しそうですが、
    お話会で使う時、あくまでも無言で“間”だけをとって、ページをめくっていくのも楽しいかもしれません。

    掲載日:2012/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 名作だ!

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    字のない絵本。子どもに読むときに、ページをめくる間をどれくらいとるか悩むのですが、この本はどんどんめくっていきたくなります。だって、次はどうなるの?って知りたくって、待ちきれなくなるから。
    ぞうにボタン?これだけで、もう笑いたくなります。ボタンがついてるから、きっと何か飛び出すにちがいない!ってもう予測できますよね。でも、そこから何が飛び出すかは、ページをめくってみなきゃわからない。このドキドキ感がたまらなくいいと思います。
    読みすすめるうちに、ああ、次はこんな感じの動物が出てくるかなあなんて、考えていると、最後の最後にその予測は覆されちゃうんです。もう、最高!うえのさんの発想をほめたたえたいと思います。
    想像力をかきたてられ、どんなことでも可能にしてみせる絵本の力を「どう?」って見せ付けられたような感じでした。

    掲載日:2009/12/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • おぉぉ〜!?

    先輩の先生が紹介してくださった絵本なのですが、とっても
    気に入ってついに自分で買ってしまいました(^0^)
    最初は表紙のぞうさんについているボタンを見て、これがどうなるのかなぁと思っていましたが、まさか中から・・・!?
    こう来るとは思いませんでした!発想がおもしろいですね!
    しかも大好きなねずみくんたちが何気に出演してるので、一気に私のお気に入りの絵本になりました★
    赤ちゃんのえほんコーナーに置いてありましたが、字がないからこそどんな読み方もできるので、それこそ年少さんのクラスでも大ウケでした(>0<)!動物が出てくるたびに歓声があがり、展開が読めてくると次は何が出てくるのかドキドキして見ていました。最後はみんな大爆笑で・・・(笑)
    また今度は違う読み方で見せてあげてもおもしろいかなぁと思っています★

    掲載日:2004/11/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 出てくる出てくる

    字がない絵本ですが、絵だけで十分楽しめました。ページをめくるたびに、「次はだれがでてくるのかな〜?」「これはなんだろう?」と、大人も子どもも想像力を掻き立てられました。赤ちゃんから大人まで楽しめる1冊だと思います。

    掲載日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後にビックリ

    言葉のない絵本ですが、言葉はいらない絵本です。
    ボタンを外したら、中に別の動物が入っていたなんて、ビックリの連続ですが、次第に次は何が出てくるだろうと、ゲーム感覚になれるところがみそ。
    だんだん小さくなっていくのに、最後の一枚は素晴らしいどんでん返し。
    まだまだお話は続くのでしょうか?

    掲載日:2016/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も楽しい!

    子ども向けの本かなと思ってたんですが、大人も楽しめる内容でした。
    どこかで見たことある絵だなと思ったんですが、ねずみくんのチョッキの作者の方でした。
    タイトルからは想像できないユニークな内容でした。字がなく絵で楽しめる素敵な絵本です。

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラストが不思議

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    字のない絵本。
    私が絵を見ながら話しながら読むときもあれば、無言でいっしょに読むときも。
    ぞうに付いているボタン。?と思うとボタンがはずれて中から馬が!
    こどもは「ぬいぐるみ」とか「にんぎょう」と言って喜んでいます。ひとりで絵本を見ているときもあります。
    大人の私はラストがびっくりで不思議だったのですが、こどもにとっては特に不思議ではないようです。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさに絵本です

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    文字がない絵本だけに、画力が大変あると思います。
    シンプルな色使い、素朴な構成、あっと意表をつく展開、とてもいい絵本だと思います。
    読むのがいまだに苦手な自分にとっては、読まなくてこれだけ楽しめる絵本は実に頼もしいの一言です。

    掲載日:2014/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんじゃなくても

    最近ずっと物語絵本を読んでいたので、今小さい子向きの絵本を読んでみたらどうかな?と思い借りてみました。

    4歳次女も6歳長女も字のない絵本がとても新鮮だったようで、絵を見て「えー?」と笑っていました。最後のとこは私もびっくり。十分大人でも楽しめますね。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しさいっぱい

    字のない絵本ですが、遊び心がいっぱいです。
    出てくる動物は「ねずみくんのチョッキ」と
    逆の順序で出てくるのです。

    実は、「ねずみくんのチョッキ」は個人的に
    あまり好きではなかったのですが、この絵本と
    組み合わせて読むことで、楽しくなりそうです。

    息子は、同じ動物が出てくる事に気づくでしょうか、、、
    2つを合わせて読んであげるのが今から楽しみです。

    掲載日:2013/03/26

    参考になりました
    感謝
    0

67件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(67人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット