モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

音ってなんだろう」 みんなの声

音ってなんだろう 作:マリア・ゴードン
絵:マイク・ゴードン
訳:西本 鶏介
出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
本体価格:\1,280+税
発行日:1996年
ISBN:9784564220319
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「音ってなんだろう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 簡単だけど 難しい…。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    この絵本を読みながら 息子は
    定規を持ってきたり 
    いろんな声を出してみたり
    厚紙をバタバタと振ってみたり…と
    ちっともじっとしていられませんでした。
    「音」というものはなんなのかを知る手がかりを
    身近にあるものを使って子供に示してくれる内容のようです。

    書かれている内容は結構高度な内容なんですよ。
    例えば 私の言葉で言うとこんな感じです。
    「物の振動が音で 音の広がる様子を音波といい
     音波は空気が振動して運んでいくから
     空気のない宇宙では音は聞こえないんですって…」
    こういう言い方をしてしまうと とっても難しそうですが
    この絵本は 幼稚園くらいの子供さんでも
    「へぇ〜そうなんだ☆」と
    書いてある事実をそのまま受け止められるように
    丁寧で簡潔な言い回しになっています。

    レビューのタイトルにした
    「簡単だけど難しい…」は
    この絵本を読み終えた息子の言葉です。
    小学校中学年位になると
    「へぇ〜そうなんだ☆」だけでは済まないのかな。

    「振動が音なんだよねぇ…う〜ん…」と
    何かを真剣に考え始めていました 笑。

    掲載日:2008/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

もこ もこもこ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット