だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

エロイーズ、パリへいく」 みんなの声

エロイーズ、パリへいく 作:ケイ・トンプソン
絵:ヒラリー・ナイト
訳:井上 荒野
出版社:株式会社KADOKAWA メディアファクトリー
本体価格:\1,700+税
発行日:2001年
ISBN:9784840102605
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「エロイーズ、パリへいく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 日常から離れた世界

    最初から最後まで、どたばた騒ぎです!!

    喜んだりする気持ちが手に取るように

    わかるくらい喜怒哀楽を体でめいっぱい表現する

    そんな女の子でした。

    ただ・・・・お話が長い!!

    途中で飽きてしまいました。

    いうほど中身のないお話だったので・・・。

    子供がじっとみてましたから、楽しかったんでしょうが、

    なんかダラーーーとしたお話でした。

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウキウキなパリ観光

    『エロイーズ』と『エロイーズのクリスマス』を読んで、娘も私もエロイーズがだいすきになりました。
    そのエロイーズが、これまたあこがれのパリへ行くというのは、最高の組み合わせ!ととてもうれしったです。
    こちらではエロイーズのカラーであるピンクに加えて、パリらしいブルーが使われていました。これまたオシャレですてきです。
    パリでもエロイーズらしく豪快に、思う通りに行動する姿をみて、とっても羨ましく思いました。
    パリ観光やフランス語のレッスンまでできて、読み応えのある一冊です。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット