十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

「でんきおばけ しんがた」 みんなの声

でんきおばけ しんがた 出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 2
「でんきおばけ しんがた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いろんなものを大せつにしないとだめ

    やだましろうの本がすきなのでよみました。

    びっくりしたことは、ていでんのときだけ、

    でんききぐがおばけになることです。

    おばけのまほうっていったのでびっくりしました。

    いろんなものを大せつにしないとだめ

    ということがわかってきます。

    掲載日:2009/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し体を動かしてみようかな

    「やかんねこ」を気に入った息子。矢玉四郎とある作品を借りてきました。

    家にある電気器具の悪口を言っていると、電気器具たちがおばけになって出てきました。

    いつも使われている電気器具たちに、今度は反対に使われてしまう。ちょっと怖いような設定です。

    あとがきで作者が鉛筆の削り方を語っているのが印象的です。

    機械があるから、頼って手先が不器用になっているのは、否定できません。

    生き物の命は感じますが、機械の命って感じにくい。機械に頼るばかりでなく、少し体を動かしてみようかななんて感じちゃいました。

    息子は興味津々という感じで、機械に支配された一家は一体どうなってしまうのか?と成行きを見守っていました。

    掲載日:2008/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



怪盗ルパンとのはじめての出会いにも!厳選の名作短編

みんなの声(2人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット