おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

うたが みえる きこえるよ」 みんなの声

うたが みえる きこえるよ 作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1981年12月
ISBN:9784033271705
評価スコア 4.06
評価ランキング 18,100
みんなの声 総数 16
「うたが みえる きこえるよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 不思議

    エリック・カールの絵本にはいつも驚かされます。この絵本は、なかでも、非常にびっくりしました。音楽を絵であらわしているんですから。
    タイトルの「うたがみえる きこえるよ」に、一体どうやって?と思いましたが、ほんとに見えるように思いました。きこえるように思いました。
    不思議ですが……。
    読者が自由に楽しめる音楽を、体験してみるのもおもしろいと思います。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きな絵本

     数あるエリック・カールさんの絵本の中でも、一番好きな絵本です。

     真っ黒なページから、黒一色で描かれたバイオリン奏者が現れます。彼がバイオリンを弾き始めると、奏でられた音が様々な美しい色と形になって現れてきます。ページをめくってもめくっても様々な色と形・・。最後にバイオリン奏者は美しい色に染まり、退場していきます。そこに残ったのは、とりどりの美しい色と、まるで本当に音楽を聞いていたかのような余韻と静けさ・・。音楽によって世界が美しく豊かになるということが、上手く表現されている絵本だなぁと思います。

     いわゆるストーリーを楽しむ絵本ではないので、いつもの絵本のつもりで読むと、ちょっと戸惑うかもしれませんね。

    掲載日:2015/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音楽のよう

    この絵本、最初のページにしか、言葉、文章がありません。
    最初は子どもも驚いていましたが、楽しんで最後まで読んでいました。
    何度もみているうちに、ページをめくりながら、音楽を口ずさみながら読むようになっていました。
    エリックカールさんの絵、色使いはやっぱり素敵で、絵本の世界にひきこまれていくようでした。

    掲載日:2014/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色がおどっています

     絵本ムービーでみせてもらいました。
     
     ほんとうにバイオリンの音色が「みえる」絵本でした。エリックカールさんの色と、音がぴったりあっていて楽しくなります。
     エリックさんらしい、きれいで複雑な色が、音にあわせて、おどっています。惑星をとびはねたり、海のそこにもぐったり、、、。
     
     音楽と絵本がぴったりあっていて、おもしろかったです。
     絵本は読み聞かせが基本ですが、音楽付きもいいなと思いました。

    掲載日:2014/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音楽を絵にすると

    文章のない絵本なので、子供と並んで見ました。
    子供も自由にページをめくって、気になる絵は、何度が繰り返し見ていましたね。
    耳で聞く音楽を、目で見る絵にすると、こんな感じになるのでしょう。
    見る人によって、たくさんの解釈ができそうですね。

    掲載日:2012/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと変わった字のない本

    絵のみで音を表現する本でした。「この場面は、どんな音が聞こえてくると思う?」と聞いてみると、「ぽとんぽとんじゃない」って言ったりと、子供の想像力が聞けてとってもたのしかったです。

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1度は読みたい

    さすがエリックカールの絵本といった内容で、とても新鮮な絵本です。

    言葉は全くなく、絵を見て、色を見て、読み手がイメージした音、内容が自分の中で作られていく内容になっています。
    感性を刺激される絵本です☆

    掲載日:2010/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難しい

    エリックカールが好きな娘に、図書館で借りてみました。
    家に帰り、読んであげようと絵本を開いた私は、・・・となりました。
    早く読んで!!とせかす娘にどう説明すればいいのか?
    絵だけをみる絵本なんだってと言ってぺらぺらめくりましたが、
    娘も・・・となっていました。

    この絵本を読んで、素晴らしい音楽を聴いた感覚になる人もいらしゃるのですから、私に芸術的センスが全く無いのでしょうね。
    娘にはこういう感性も持ってほしいと願いはするものの、
    もう返して良いよと言われました。
    幼い子にどう働きかけていいのやら、難しいです。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本としいうより画集

    • くんちゃんさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子10歳、男の子3歳

    これはビデオで持っているのですが、絵本よりも断然いいです。
    旋律を口ずさみつつ絵を眺めるにしても、どこの旋律がどのページに相当するのか。またエリック・カールの指定したヴァイオリン・コンチェルトでなくてはいけないのか。絵本としての楽しみ方が難しいと思います。どうしても紙の媒体にこだわるなら、CDをつけて、各ページに楽譜も載せるくらいの心遣いがあったならと思います。

    単に画集として、色や絵の躍動感を楽しむ分にはよいのではないでしょうか。

    掲載日:2009/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な感覚です

    モノクロの伴走者が出てきて
    音楽を奏でる、コラージュの色使いは
    とてもきれいです。

    どんな演奏か、感じるのは少し難しいと思いました。
    それは楽しそうだったり、悲しそうだったり
    受け取り方は人それぞれで。
    それでいいんだろうなあと思った本です。
    エリックカールの独特さがでていますね。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.06)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット