もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

きみの家にも牛がいる」 みんなの声

きみの家にも牛がいる 作:小森 香折
絵:中川洋典
出版社:リブロポート
本体価格:\2,000+税
発行日:2005年
ISBN:9784759221398
評価スコア 4.82
評価ランキング 189
みんなの声 総数 10
「きみの家にも牛がいる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 食育にも最適

    こんなに身の回りに牛からできた製品があったのか、と驚いた。

    動物の肉や加工品は私たちの暮らしに欠くことのできないもの。
    でも、魚の加工や卸の様子は見ることがあっても、肉製品についてはほとんどブラックボックスになっている。
    「お肉はスーパーでパックに入って売っている」ではなく、それが手元にどうやって届いているのか、その過程を子どもたちにも知っていて欲しい。
    その道筋を自然に描いている点で、この絵本はとてもいいなあ、と思う。

    絵はきちんと描かれておりわかりやすいが、生々しくない。
    誰もがしっくりと受け止めることができる良作。

    食育とからめての紹介にも良いし、読み聞かせにも適している。
    小学校高学年から大人まで。

    掲載日:2010/06/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • いのち☆をいただきます

    知らない世界を知ったような衝撃でした。
    肉に加工される牛。それは命をいただくということにつながるのですよね、あらためて考えさせられる1冊でした。

    解体作業は職人技なのだということも知りました。
    それに、すてるところはない!ということも。
    家の中にたくさんの牛の恩恵を受けていることも。

    生活を豊かにしてくれている牛に、命に感謝したいと思います。
    子どもたちも、興味を持って読んでいました。
    そのあと、自分のランドセルやグローブを
    「これも牛の皮からできているんだよね!」
    と、初めて理解したようです。

    掲載日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 周りにはウシだらけ

    このお話は、牛が精肉になって革製品になっていく様子を描いたお話でした。途中、精肉の所ではかわいそうな絵もありましたが、ちゃんと子供に見せることで食べ物のありがたさが分かる気がしました。自分の家の中にも、色々な牛の皮でできたものや乳製品がたくさんあるのに気づかされたのが勉強になりました。

    掲載日:2015/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に牛はいた

    「食育」や「いのち」というテーマにピッタリの絵本かなと思います。
    牛が牛乳や肉だけでなく、様々なものに利用されていることが分かります。そして牛を扱う職業も、たくさんあることを教えてくれます。
    子どもたちもそして私も、感心しながら読み進めました。
    最後の部屋のページで、牛を探してみると、本当にいろんなところに牛がいました。解説も丁寧で分かりやすかったです。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • とてもよくわかる

    この本は、牛が食肉となり、様々な製品となる過程が細かく描かれています。

    牛乳に始まり、食肉用の牛が解体される様子、加工される様子が、かなりリアルに描かれています。衝撃的ですが、残忍な感じはなく、産業を知る上でとてもいいと思います。

    こうしてみると、牛のからだは、余すところなく活用されていることがよくわかります。見事です。

    たいせつな命を頂くからには、ひとつの無駄もだしてはいけない。
    人々のそんな思いが、これらの産業をつくりあげてきたんだなって思いました。
    命と産業。とてもよくわかる一冊です。

    掲載日:2014/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「牛」の存在感がすごいです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    総合学習などにも使えそうな作品でした。
    二ににせよ、これほど「牛」を強く感じる作品はなかなか出会えないと思いました。

    絵を描かれた中川洋典さんは丑年生まれで、他に描いている作品も、どちらかというと総合学習的な内容が多いようです。

    私も今まで、食べ物としてうちは使うところがたくさんあるのは知っていましたが、食べるため以外にも牛のいろいろなところは加工されて、
    普段何の気なしに使っている生活用品に姿を変えていることを知り、ビックリしました。
    こういう作品は読み聞かせにもお薦めです。
    小学校の高学年くらいから中学生くらいのお子さんたちにいかがでしょう?

    掲載日:2014/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になります!

    面白そうな題名だなと手に取りました。
    牛ってこうやってお肉になるんだ。とか
    すべての部位が捨てられず使われているんだ。とか
    大人の私もとても興味深く読みました。
    上の子はもちろん、下の子(3歳)までもが真剣に聞いて見ていました。
    本を読んで何日かしたある日、下の子が
    「野球のグローブも太鼓も牛で出来てるんだよね」と
    嬉しそうに言ってました。
    物の大切さをわかってくれたら嬉しいなと普段から思っていたので
    こうやって少しづつ色々と知って命や物を大切にしてくれたら。。。
    と思います。
    親子で読んでみて欲しい絵本です。

    掲載日:2008/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかくびっくり。

    タイトルに惹かれて、思わず読んで見た絵本です。

    牛には乳牛と肉牛がいること。
    牛を肉の形にしてくれる人がいること。
    肉は初めから「ある」ものじゃなくて、いろいろな人の手を借りて
    「つくられる」ものだということ。
    そして、牛は丸ごと一頭、どこも捨てることがない動物だということ。

    一頭の牛が日常生活のいろんなところにいろんな形で使われている
    という事実に、大人の私が読んでもびっくりする内容でした。
    確かに、私の家にも牛がいました!!

    息子は、乳牛と肉牛がいることを知り、そして、牛が解体されていく
    絵を見て、すごく驚いていました。なんとなくは解かっていても、
    そういう様を見せられると衝撃的だったようです。
    まるで工場見学に行ったような感覚でした。

    牛の命にとても感謝したくなる1冊です。
    絵本のタイトルの意味がよーくわかる内容でした。

    掲載日:2008/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子も興味津々

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    小学校中学年からとありますが、4歳の息子がかなり興味をもった本です。

    まあ、息子が一番興味をもったところは、牛の内臓の紹介されたページ。もつ鍋をするときに使う肉だね。とかいって、おもしろそうにながめていました。

    タイトルからして???ですが、牛がわたしたちの生活に貢献してくれていることを、実感させてくれる本です。ただ、食べる食料としてだけでなく、食べる以外にもいろいろと役立ってくれているんですね。親も子も勉強になりました。

    掲載日:2008/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 命に感謝 ありがとう

    子供にはちょっとショックな内容かな?
    と思ったけど
    借りてきて置いといたら まだあまり字も読めなかったけど
    絵だけじーっと見ながらだまってめくってました。
    牛が追い立てられて 肉になっていく場面
    わかってはいても私はこれが日常かと思うと
    ひどくショックでしたが
    子供は半身の肉にされ ずらりと片足で吊るされた
    シーンをみてもあくまでも素直に「へーー」と
    いう顔で受け入れて聞いていました。
    ランドセルも 靴も 知らなかったけど
    牛は加工されて家中にいたんですね。
    感謝の気持ちと 
    牧場にのんびり放牧されているわずかな牛の人生
    人間用に飼われている動物の命って・・・・
    私はいろいろ考えてしまいました。

    掲載日:2008/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット