なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

やまんばのにしき」 みんなの声

やまんばのにしき 作:松谷 みよ子
絵:瀬川 康男
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1967年5月
ISBN:9784591003756
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,247
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • これだー!!

    この絵本を図書館で見つけたとき、
    「あっ、これだ!!」という懐かしい感覚に陥りました。
    小さいときに大好きだった絵本。
    大好きだったお話。
    娘によんだところ、私の感動ほどはありませんでしたが、
    集中して聞いてくれました。
    昔話はやっぱりいいですよね。
    世代をこえて語り継がれる絵本、ほんとに素敵だと
    思いました。

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切な絵本

    小さい頃から大好きな絵本です。民話なので、聞きなれない言葉もありましたが、何度も何度も読んでいました。
    どこがそんなに幼い自分にも気に入ったのか?おもちがおいしそう、やまんばがやさしかった。もちろん、それもありました。ですが、なにより読んだあとに気分が良くなるので、また読みたくなるのです。そして、その心地よさとは、私の場合、ほこらしさです。物語をとおして、ずっと、かわらないおばあさんに、同じ人間としてほこらしい、そう思ってしまうのです。
    だから、ずっとそばにおいて、時折々、読んでいます。自分がどんな状態でも、そこにはかわらないおばあさんの姿があるので。
    私にとって、本当に大切な一冊です。

    掲載日:2015/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 賢くて勇気のあるおばあさん

    昔話好きの7歳の娘と5歳の息子と一緒に読みました。
    やまんばと聞くと、怖そうなイメージですが、ここにでてくるやまんばはやさしくてかわいいです。山奥にお持ちを届け、やまんばの産後のお手伝いをしてあげる賢くて勇気のあるおばあさんにも感心しました。
    昔の話し言葉は、読み始めは難しいと思うのですが、しばらくするとノッてきて読んでいることが楽しくなります。

    掲載日:2015/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 山姥がいい人

    山姥が出産したんで、餅をよこせ!と何者からか言われて町の者は恐ろしい山姥を怒らせまいと餅を用意します。
    で、若者2人と、道案内役のあかざばんばというお婆さんが餅を届けに行くものの、若者は途中で退散し、お婆さん一人で山姥のところへ行きます。
    すると、山姥がとても良い人!
    息子は山姥の子供の人並外れた能力が面白かったようです。確かに生まれて間も無いとは思えないです。さすがは山姥の子供です。
    あかざばんばも、山姥も良い人で楽しく読み聞かせました。

    掲載日:2015/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 第100版の絵本

     やまんばが、あかちゃんを生みました。村人に「もちをもってこい」とさけんでいます、、、。
     おそろしいけれど、どこかユーモアも感じる絵が楽しかったです。やまんばは、あまりこわくないですね。やまんばに、もちを届けたあかざばんばが、すごい、、、。
     語り口調の文章に、しみじみしました。じっくり読みたいです。

     1967年に発行された絵本。わたしは、2000年発行第100版をよみました。これからも、版を重ねて読みつがれてほしいなと思いました。

    掲載日:2014/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間らしいやまんば

    やまんばもののお話は
    迫力ある怖いやまんばが主役と相場は決まっていますが
    この本のやまんばは
    母性たっぷりの人間らしいやまんばです。

    赤ちゃんを産んで、産後の手伝いに
    ふもとの村のおばあさんに手伝いに来てもらいます。
    おばあさんをそのまま食べてしまうのでは・・とはらはらと読み進めましたが
    仕事が終わるとちゃんとおばあさんを解放し
    礼までつくします。

    やまんばへの偏見がなくなりそうな
    暖かい一冊です。

    掲載日:2014/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • あれ?怖くないやまんば・・

    5歳の息子に読み聞かせ中、どんなに恐ろしいやまんばが
    出てくるのだろう・・・とか、じつはこの餅を持って行ってるお婆さんが
    やまんばで途中で同伴している男を食べるんじゃない等など
    二人で想像しながら読み進めると・・・

    あれ???
    なんだかやまんば、良い人じゃない?
    ということになり、とっても意表をついたお話でした。

    子供を産んで餅を食べたくなったやまんばと
    4か月前に妹を産んで母乳を出すためにご飯をいっぱい食べるように
    助産師に言われている母(私)と重なったようで
    「おっぱいなんだね」と息子がつぶやきました。

    それにしてもやまんばの子供!
    産んだらすぐ歩けるは飛べるはでスゴイです。
    いろんな意味で驚いた絵本でした。

    掲載日:2013/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい山姥

    やまんばと言えば、怖いイメージばかりのお話が多いのですが、こちらの昔話はだいぶ様子が違うようですね。
    やまんばの豪快さと優しさの、両方の面がみられたように思います。
    やまんばのお返しが、「村人の健康を守ること」という点にも、心が温まりました。
    昔の人にとっては、健康こそが何よりもありがたかったことでしょうね。

    掲載日:2013/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわくないやまんば

    どんな怖いやまんばの話かと思いきや、子供を産んでおもちが食べたくなったお母さんやまんばでした。

    赤ちゃんもものすごい力持ちなのですが、どちらも怖くはありません。恐れずにお餅を届けたあかざばんばに素敵なお土産をくれます。

    息子は山まで行くときのドキドキ感がいいらしく、長い話なのに何度も何度も読んでくれとせがみます。怖いけど怖くない、そのへんがちょうど良いみたいです。

    掲載日:2011/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 民話好きな次女がとても気に入っています

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子6歳、男の子1歳

     小さな頃から昔話や民話が大好きな次女。最近のお気に入りはこれです。
     多分私自身が小さいときにも似たようなお話を聞いたことがある気がしますが、このお話は、さすが松谷みよ子さんのものなので、とても印象深く読むことができます。

     娘たちは、もちをもっていったおばあさんのすごさに感激していました。
    私は、子供のガラが、母を想ってもちを持ってこさせたところが何ともかわいいらしいな、と思っています。

    掲載日:2010/11/13

    参考になりました
    感謝
    0

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット