雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

大どろぼうのでかでかおたんじょうかい」 みんなの声

大どろぼうのでかでかおたんじょうかい 作:山脇 恭
絵:草間 俊行
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1998年
ISBN:9784034321300
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,402
みんなの声 総数 3
「大どろぼうのでかでかおたんじょうかい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なにつくろう?

    子供が大どろぼうシリーズ好きで何冊か持ってます。この絵本に出てくる「おいしいレイ」はお気に入りなので何度か作ったことがあります。絵本読んで終わりじゃなく、その後も絵本の内容をしゃべりながらクッキングできるってのは魅力です。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 作ってみたくなりました

    息子が好きな大どろぼうシリーズで、児童書もあるので、絵本と一緒に楽しんでいます。

    お誕生会をするのですが、そのパーティメニューはどれもおいしそうなものばかりです。

    特に、オードブル山は、キャベツを半分に切ってドーム状にして、その上に、楊枝にさしたプチトマトやウィンナーをさしていくというもの。見栄えもしますし、子どもと一緒にやったら楽しそうだと思い、作ってみたくなりました。
    息子はデザートの方に目が入っていたみたいです。

    お話と同時にレシピも公開されているので、本を見て料理を作ることができるのがいいなと思います。

    掲載日:2008/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • どれもこれもおいしそう!

    料理好きの子どもたちが図書館から借りてきた本ですが、
    おいしそうなものがたっくさんでてきて、食いしん坊の私には
    たまらない!お話しでした。

    お料理レシピ付きとあって、本のはじめの方には
    お料理を始める前の諸注意が書かれてたり、料理後の片づけについても
    さりげなく書かれてるところは、子どもたちへ意識づけするのにも
    有効的ですね〜

    さて、お話しは?
    地名や登場人物の名前が実にユニークってとことがとても印象的で
    次はどんなお名前の人が出てくるのか?そんなことばっかり気になってる私をよそに
    子どもたちはやっぱり、料理のレシピに釘付け!
    その料理を作ってるのが、もとどろぼうの皆さんってところも
    なかなかのミスマッチで気になるところだった様子。

    レシピの中で特に見入ってたのは、レイにいっぱいのクッキーをつけた
    「おいしいレイ」来月は3月。お別れの季節がやってくるので
    卒業生や先生へ、作ってプレゼントしたいとか。
    お話しの内容もパーティーの話題に設定されているので
    これから、お別れ会などをひらくであろう、我が子たちにはタイムリーなお話しだったようで
    様々な料理に目を輝かせていました。
    あっ!もちろん、私も (^◇^)

    掲載日:2008/02/28

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / おおきなかぶ / おふろだいすき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット