雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

きょうりゅうほねほねくんシリーズ3 ほねほねくんスキーにいく」 みんなの声

きょうりゅうほねほねくんシリーズ3 ほねほねくんスキーにいく 作:すえよし あきこ
絵:おかもとさつこ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1995年
ISBN:9784251038135
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 息子がとても気に入った

    テレビ絵本で見て、息子がとても気に入ったほねほねくんシリーズ。このシリーズはテレビ放映されなかった分なので、ぜひとも息子は読んでみたいと思っていました。

    スキーに来た、とむくんとだっくんとパパ。来る途中でだっくんに手をふる雪だるまがありました。

    スキー場で、ほねほねくんと会うことが出来ただっくんたち。でも、サーカス団も来ていて、大騒ぎになります。

    ほねほねくんを捕まえるために、なわを引くサーカス団員たち。その中には、風邪をひいたぞうまでいて、気の毒な感じがしました。

    毎回、ドタバタのうちに終わるお話で、息子はそこが気に入っているようでもあります。

    掲載日:2008/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 児童書へのステップアップに良さそう

    「きょうりゅうほねほねくんシリーズ」の3作目になります。
    恐竜が好きな息子の、お気に入りのシリーズです。

    今回は、だっくんとお兄ちゃんのとむくんがお父さんにスキー場へ
    連れて行ってもらいますが、そこで早くも怪しい出来事が!
    ほねほねくんの出没しそうな気配です(笑)

    今回はどんな展開になるんだろうと思っていたのですが、
    1作目のお話に出てきたサーカス団が出てきたり、冬眠していた
    くまが出てきたりと、いろいろドキドキさせてくれます。

    スキー場にいた人たちがほねほねくんを見て慌てて逃げだすシーンが
    あるのですが、今までだっくんととむくんが無反応だっただけに、
    そういえば、普通はほねほねくんを見てびっくりするよねと、
    笑わせてくれました。

    ほねほねくんがどんなシーンで登場するかは、またまた読んでからのお楽しみです。
    主役なのに、最初から登場しないところがいいですね!

    このシリーズは、絵本なのに見た目は児童書なんですよね。
    絵本から児童書へステップアップする良い機会になるんじゃないかと思います。

    掲載日:2008/02/29

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット