ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??

ひょっこり ひとつ」 みんなの声

ひょっこり ひとつ 作:佐々木 マキ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2016年08月25日
ISBN:9784834082739
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,651
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 気が利いてる数え歌

    これは、すごく気に入っています。
    ひょっこりひとつみつけてしまいそうでしょ、きのこって。
    よくばってよっつは、ちょっとだいじょうぶ?なかんじです。
    どれも面白くて絵もかわいい。
    最後のページは、お星さまが12個、かがやいています。
    ことばはありません。
    じゆうに考えてね、と言うことかしら。

    掲載日:2017/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 佐々木さんらしい

    語呂がよくて、読んだらすぐにいくつか覚えてしまいました。
    ちょっと無理やり感のあるところもあるけれど、佐々木さんってすごいなぁ・・・。

    1〜10ではなくて、11、で終わっているあたりがひねくれていて、佐々木さんらしい(!?)と思ってしまいました。

    掲載日:2017/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しくて

    何気なく読んだら、数をかぞえるだけなのに、おもしろくてびっくり(笑) 
    数の前につく言葉のチョイスと、絵の組み合わせが独特な楽しさです。新鮮なかぞえうたですね! 声にだして読みたくなるし、読めば、すぐに、覚えてしまうかも。

    掲載日:2016/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本には,いち・に・さんという数え方のほかに,
    ひとつ・ふたつ・みっつという数え方もあります。
    それを楽しく覚えることのできる絵本です。
    動物もたくさんでてきますし,お子様と一緒に
    声に出して読んでいきたい絵本ですよ♪
    お勉強できちゃいました!!

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 佐々木マキさん好きな息子

    言葉遊びになっているのですが、先に読んだ夫が、「年少版?意外に難しいぞ」と言っていました。

    ちょっとひねりのあるというのか、動物がでてくるのが佐々木マキさんらしいと思います。

    佐々木マキさん好きな息子は、絵が佐々木マキさんということだけで大満足なようでした。

    掲載日:2010/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろかったです

    ささきまきの本がすきだから、ふる本やさんでかいました。

    「ふんわり ふたつ」とか「みごとな みっつ」とか、最初の字がおんなじと思いました。

    さるがあてだまみたいに、バナナなげてるところと、きつねがかぼちゃのつるにからみつかれてるとこが、おもしろかったです。

    わらっちゃいました。

    十でおわりじゃなかったから、びっくりしました。

    おもしろかったです。

    掲載日:2009/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数え歌

    動物の登場と共に、数も出てくるので数を楽しく自然に覚えられそうです。動物の表情をみていてもあどけなくておもしろいです。
    年齢に合わせて、数を数えれたらクイズ方式で楽しめるところも良いと思います。孫は、{ころがる ここのつ}が、おもしろいみたいです。
    ころころ ころころ を、補足して読むと笑います。それぞれの場面に好きな言葉をいれてたのしんでますが、そのまま読むとリズミカルです。強弱つけてもおもしろいです。

    掲載日:2008/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい展開

    表紙の女の子がアクティブでとても楽しそうだったので選びました。この女の子が主人公かなと思ってページをめくっていきましたが、ページをめくるたびに違ったキャラクターが登場するのでそのたびに目を見張りました。言葉のテンポの良さが声に出して読むと一層際立って楽しく読めました。娘は”やっかいなやっつ”の場面がとても気に入ったようです。まだ一歳に満たない年齢ですが言葉が心地よいと反応するのだと思います。そういう意味でもこの絵本は言葉の楽しさがあると思います。数も楽しく覚える事が出来るので良いと思います。

    掲載日:2008/03/01

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット