ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

「へろりのだいふく」 みんなの声

へろりのだいふく 作:たかどの ほうこ
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「へろりのだいふく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議なお話に笑いました。

    とにかく最後まで笑ってしまいました。題名からも漂ってきますが、たかどのほうこならではの不思議な世界が展開されます。カバーに作者のことばがあります。

    表紙のたかべせいいちの絵を見て、昔話かな?と思ったのですが、違っていました。

    ヤギのヤギマロ先生はお習字の先生です。練習が終わると、みんなの書いた半紙を回収します。実は食べていたのです。息子はここを読んで「ほんと?紙を食べるの?」と。

    ある日、ヤギマロ先生は、いつもの半紙と違う紙が混じっていることに気付きます。その紙にあんこを入れてだいふくを作って食べたらとてもおいしかったのです。

    紙とだいふくってちょっと結びつきませんが、そこを結び付けてしまうのが、さすがにたかどのほうこ。

    後半に登場する名医のフクロウのフクジ先生の治療法も秘策と思えるような方法で笑ってしまいました。

    作者は「ヤギになって、ちょっぴりあじみをしてみたい、と思いませんか?」と書いていますが、読み終わってから息子に「紙を食べてみたい?」と聞いてみましたが、「いやだ」という答えでした。

    ジャンル的には幼年童話。字が大きめで絵もふんだんに入っているので、読み聞かせをすれば長いお話に慣れてきた年長さんぐらいから楽しめると思います。

    物語の楽しさを堪能できるお話です。

    掲載日:2008/03/02

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット