サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだいの試し読みができます!
文: ロリ・エベルト 写真: ペール・ブライハ−ゲン 訳: なかがわ ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
サンタクロースに会いに行こうと旅に出る、小さな女の子オンヤ。美しい写真でつづる、クリスマスの素敵な出来事を描いた1冊です。

火の雨 氷の雨」 みんなの声

火の雨 氷の雨 作・絵:かやのしげる
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年
ISBN:9784338081382
評価スコア 4
評価ランキング 21,556
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アイヌの人々には 言い伝えたい事があってこの絵本は、アイヌのサマイュンクルの村の村人たちは 神の声を聞いても 神だからとて 働かないのか 
    雷の音がするたびに うごくな 働くなと言うなと反抗した。

    それに 泥水をかけたり されたので 神はおこって 火の雨 氷の雨を ふらせて しまったのですね。

    雷が鳴ると 静かにするものだよというのは危険があるんだよという 教えなんでしょうね。

    人間というのは ややもすると 傲慢になるので そうした戒めを伝えることにより どう生きていくのが良いかを 教えているのだな〜と
    この絵本で より分かりました。

    絵は 織物のような色遣いの絵で 好感が持てました。

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • アイヌの民話

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    表紙の絵に一目ぼれをしてしまいました。
    どんな手法なのか、何に描かれているのか知りたいです。
    ご存知の方、ぜひ教えてください。

    お話は、壮大で文章もリズムがあって引き込まれます。
    アイヌに伝わる教えからできたお話です。

    おなじ日本なのに、おおらかなアイヌの生活が興味深いです。
    子どもたちにも知ってもらいたいです。

    掲載日:2008/03/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


温泉場でくり出される、へんてこなおでん早口ことば

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット