ガラゴの小型えほんボックス 特製ガラゴのながぐつキーホルダー付き ガラゴの小型えほんボックス 特製ガラゴのながぐつキーホルダー付き
作: 島田 ゆか  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
あのガラゴのかばんの中に、小型絵本とキーホルダーが入ったスペシャルセット!
まゆみんみんさん 40代・ママ

プレゼントにもぴったり!
ガラゴの絵本2冊(小型版)が入ったセッ…

こぐまくん こぐまくん なにみているの?」 みんなの声

こぐまくん こぐまくん なにみているの? 作・絵:エリック・カール
訳:おおつき みずえ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2008年04月
ISBN:9784032015805
評価スコア 4.41
評価ランキング 9,112
みんなの声 総数 16
「こぐまくん こぐまくん なにみているの?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • エリックさん

    エリック・カールさんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公とお母さんがとても仲が良いので癒されました。親子っていいなと思いました。すごく大胆な様子の様々な動物が登場するので楽しんで読むことが出来ました。娘も目を見開いてじっと近くまで顔を近づけて見入っていました。

    掲載日:2010/10/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • エリック・カールさんの原画展を見に行きました
    もちろん原画は迫力満点でした   引き込まれました!

    そしてこの絵本も負けないくらい 動物たちが生き生きしています
    アカギツネの目の鋭さと しっぽの雄々しいこと
    何を見ていたの 
    モモンガが木から木へ飛び移るのを見ていたのです
    そうか 自分にはできない動物たちへのあこがれのようです
    イワヤギ蹄の強さ かつ かつ かつ
    アオサギの美しさ
    プレーリードック(知りませんでした。 北米に住む ねずみ目リス科で穴を掘って巣穴を作り群れで住んでいるのだそうです)

    スカンクもすごく白と黒で美しい

    ミミズクは 目に力があります
    そして この絵本のタイトルの こぐまくんは お母さんを見ているし
    お母さんぐまは  わたしはね・・・・・表表紙のかわいい絵が物語っています
    どれも 素晴らしいです!
    子どもたちにも是非見てほしいし お母さんと一緒に見るのは最高ですね

    掲載日:2017/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後はなるほど

    こぐまくん なにみているのからはじまって、くりかえしが続いていきます。
    いろんな動物が、見開きいっぱいどーんと描かれているので、ページをめくったら、はっと目をみはります。やはり、エリック・カールの絵は色鮮やかで、なにより元気がでるような明るさが大好きです。
    そして、最後はなるほどなあ、とほのぼの読み終わりました。
    北米の野生動物たちなので、なじみのない動物もいて、それはそれで楽しめました。

    掲載日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなこっち見てる

    エリック・カールさんの描いた動物の絵を楽しむ絵本です。
    独特の絵を見ると、みんなこっちを見ているような気がします。
    単純といえば単純ですが、あっけらかんとしていて、親子で一緒に散歩しているような感じになりました。

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供って同じ言葉の繰り返しがある本を好みますよね。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    見開きのページいっぱいに描かれた生命力溢れる動物の絵に、大人も子供も大満足です。親はいつでも子供のことを見ていますよ。この絵本を通じて、私から子供たちへの愛情が、何となくでも伝わればいいなと感じました。

    掲載日:2015/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ややマイナーな動物たち

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    「くまさんくまさんなにみているの?」と同じシリーズなようなので読んでみました。
    こちらはややマイナーな動物たちが登場だと感じました。
    ラストシーンが個人的には「くまさん〜」のほうが好きでした。
    こちらも「くまさん〜」同様に親子の温かさが感じられる絵本だと思います。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • めずらしい動物がたくさん

    同シリーズの『くまさんくまさんなにみてるの』が娘が好きだったので、こちらも読んでみました。
    出てくる動物があまりメジャーではないものだったせいか、娘はあまり楽しめなかったようで、二回くらい読んで終わりになりました。
    でも、はさみで切った感じがするような挿絵はとても個性的で、私は気に入りました。
    『くまさん〜』は色を重視した本でしたが、こちらは、何を重視した本なのかよくわかりませんでした。

    掲載日:2012/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵を眺めるだけでも

    娘がまだ小さい頃に初めてプレゼントされた絵本が『くまさんくまさんなにみているの?』でした。
    娘も気に入って、何度も何度も繰り返して読んだとても思い出のある絵本です。
    そのせいあってか、この表紙を見てピンときたようで、図書館で選んできました。

    こちらも動物が見開きで大きく描かれていて、繰り返しが楽しい絵本。『くまさんくまさん・・・』の絵本より、出てくる動物が、小さい子には少し難しい感じはしますが、エリック・カールさんの絵を眺めているだけでも楽しめると思います。
    さすがに小学一年生には幼すぎるかなと思いましたが、今度は時を超えて、娘が私に読んでくれました。
    小さい頃の絵本の記憶、子供ながらにちゃんと残っているんでしょうね。娘の成長を感じたひとときでした。

    掲載日:2012/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 聞きなれないスカンク、モモンガ・・・など多いですが、題名の通りクマが登場するので大丈夫です。

    息子はまだ、きりん、ゾウなどオーソドックスな動物しか知らないのであまり反応がありませんでしたが、スカンクなども理解できるようになれば、楽しめると思います。

    しかし絵が綺麗でかわいらしいので見ていて飽きません。

    そして見開きに1つの動物が描かれているので迫力満点で子供にも分かりやすいと思います。

    掲載日:2012/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 惹かれる絵

    孫の大好きなはらぺこあおむしのエリック・カールの絵です。こぐまくんと一緒にかあさんぐまを探しに行くのですが、エリック・カールの絵に惹かれて魅入ってしまいます。動物たちの2ページにわたる迫力の絵に釘付けになります。大きく画かれていて圧倒されてしまいます。動物達が美しく画かれていますが、私は一番気にいってるのがアオサギさんです。次のページにとても上手く誘導してくれる文章にも魅了されました。最後のページには登場する動物達が全員集合するのですが、ページ毎の迫力ある絵の方がいいなあっと思って何度も捲ってしまった私でした。何度見ても飽きません!

    掲載日:2011/07/07

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。


刀根里衣さんの最新刊発売記念!ギフトにぴったりの絵本

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット