まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…

ジャックとまめの木」 みんなの声

ジャックとまめの木 作:神宮 輝夫
絵:片山健
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年
ISBN:9784062670562
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
「ジャックとまめの木」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お母さんがこわい

    息子がよく借りてくる講談社の絵本世界のおはなしシリーズ6です。

    最初絵だけを見て、ジャックのお母さんが大男の顔より怖いのに驚きました。ジャックが牛と豆の種を交換してくるのですから、お母さんが怒るのは当然と言えますが、こんな顔で怒られたら怖いです。

    絵が片山健、エネルギッシュで勇敢なジャックをうまく表現していると思います。

    私が気になったのは、ジャックが切り倒した豆の木で大男は死んでしまいますが、雲の上に住んでいた大男のおかみさんはどうなったのでしょう?

    ジャックにご飯をあげたりかくまってあげたりと気のいいおかみさんだっただけに無事なのかが気になりました。

    毎晩息子と5冊ほど絵本を読んでいるのですが、この日読んだ絵本の中ではダントツこの絵本が息子の記憶に残ったようです。絵がインパクトがあるだけに記憶に残る本だと思いますよ。

    掲載日:2008/05/19

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット