もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

森に学校ができた」 みんなの声

森に学校ができた 作:きたむら えり
絵:片山健
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年
ISBN:9784834012750
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,291
みんなの声 総数 4
「森に学校ができた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しい学校

    まもなく小学生になる息子。
    小学校に通うのが楽しみで仕方がないらしく、最近は好んで「学校」が登場する本を読んでいます。

    この本に登場するのは、人間ではなく、森に住むさまざまな動物達。
    6章仕立てになっていて、それぞれ登場人物達は同じだけれど、毎回主人公が替わります。

    第1章では、乱暴でいたずらっこだけど憎めないこぐまのダンが主人公。
    やんちゃなダンに手を焼いた森の動物達が考えた解決策。
    それが、「森に学校を作る」ことでした・・・。

    たくさんの動物達が登場するのですが、動物達の生態をしっかりつかんだ上で擬人化されています。
    教室で数を学んだり遠足に行ったりと、人間の学校と同じようなことをしているかと思うと、小さな動物は天敵から襲われるシーンがあったり、冬には冬眠して学校に来なくなる動物がいたり。
    ファンタジーのなかにリアル感もあって、ついつい物語にひきこまれます。
    動物達が生き生き描かれていて、片山健さんの挿絵がぴったりはまっています。

    幼年童話としてはちょっと文章が長いですが、一話ずつ完結しているお話なので、1章ずつわけて読んでもいいですね。
    低学年程度の漢字が使われていますが全部振り仮名が振ってあるので、漢字がまだ読めないお子さんでも大丈夫です。

    掲載日:2011/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • とってもすてきな森の仲間たち!

    片山さんの存在感ある絵が
    バッと目に入ってきました

    くまが棒を持っていたり
    リュックや、カバンもそれぞれの様子

    読みはじめには
    学校がないのです
    立ち上げのおはなしから始まります

    保育所や幼稚園を卒園したら
    小学校
    と、当たり前のようになっていますが
    どうして、学校に行かなきゃないの?
    と、考えることも大切かも

    ないところから
    必要ではないか?
    と、考える会議がおもしろいです

    事件?が起こる度に
    みんなで考えます
    「こどもは、だまっていなさい」ということは
    ありません
    そこがとっても素敵です

    どきどきしながらも
    言ってよかった!
    それが、自信につながります

    大人も、変に固辞しません
    そこがすごいです

    学校の行事や、勉強の仕方も
    生活に密着しています
    先生や大人がこどもに寄り添っています

    とっても、お薦めです!!

    掲載日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然と動物たち

    • ラブケイさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    1年生になった子供に読みました。
    とにかく、自然の描写がリアルでなんだか森の中に自分がいるような気分になりました。
    動物の子供たちがまた魅力的でそれぞれの動物にあったキャラクター設定がおもしろく、子供はそこにひきこまれてどんどん読み進めました。
    毎晩1章づつ読もうとしていたのですが、1章読む度に子供が次のタイトルを言って読んでくれとせがむので、何十分もかかって何章か読みました。
     
    おすすめです。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • その動物の特性をよくつかんでいて

    今やわが家では、息子が朝学校へ行くまでの読み聞かせは習慣になっています。

    この本は一日一話的に読めることもあり、三日間続けて読みました。

    森の中に学校がなぜできたのか?森の学校へ通う子どもたちはどんな子?というようなお話で展開していきます。

    その動物の特性をよくつかんでいて、どのお話も微笑ましく性格設定もきちんとされているので、感情移入しやすくおもしろかったです。

    特に心に残ったのは、力は強いけど気は優しい「こぐまのダン」、ダンたちと一緒に冬ごもりをしたいと思う「うさぎのジャッキー」などです。

    北海道出身の作者ということもあり、自然描写や自然の中で遊ぶ子どもたちが生き生きと描けているなあと思いました。

    掲載日:2009/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / いちご / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット