ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ぼくパパになるんだよ」 みんなの声

ぼくパパになるんだよ 作:ジュヌビエーブ・ノエル
絵:エルベ・ル・ゴフ
訳:岡田 好恵
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2002年8月20日
ISBN:9784062621885
評価スコア 4.11
評価ランキング 17,691
みんなの声 総数 8
「ぼくパパになるんだよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • パパになる人へ

    4歳長女が絵に魅かれて、自分で選んで借りてきました。「いいお話だった」と言っていましたが、そのあとパパが一人で読んでいました。そして「これはいい」と一言。自分がパパになった時のことを思い出したみたいです。幸せでどんなに意地悪言われても気にならない、世界でこんな可愛いものはないと思ったみたいです。

    これからパパになる人にもお勧めです。

    掲載日:2012/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパ

    パパになる不安と喜びが上手く表現されていると思いました。パパが泣きながら家出をしようとしたときに赤ちゃんがきっとパパを引きとめたんだと思いました。奥さんのモーブもパパに自信を持たせようと気を使っていていいなあって思いました。赤ちゃんが生まれるのはとても感動して幸せなことだから、意地悪ねこ君も脅かしやのふくろうさんもちょっとやきもちをやいてしまったんだね!本音は嬉しくてしかたなかったんだと思いました。生まれてしまえばそんな不安も消えてよかったです。自分にそっくりなあかちゃんが傍にいて笑ってくれるって感動しちゃうのは誰でも一緒だなあって思いました。

    掲載日:2010/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパの心配。

    どのパパも大なり小なりこういう心配をしているのでしょうね。
    私は自分のことで必死でなかなか夫の気持ちにまで
    思いが行きませんでしたが・・・
    それにしても赤ちゃんって不思議です。
    意地悪された人にだって見せてあげたくなってしまう。
    子どもが生まれた直後の優しい気持ちを思い出しました。

    掲載日:2009/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパになること

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    ママは、赤ちゃんがおなかにいる期間を経てママになるので、
    その命を感じながら少しずつママになっていくのだけど、
    パパは、ママほどパパになる準備ができているわけではないのですよね。

    誰だって最初は赤ちゃんとどう接したらいいか、うまく育てられるか…
    不安で心配。そんな気持ちが、よく出ていました。
    でも、赤ちゃんの存在は偉大!
    いじわるなねこやふくろうも、赤ちゃんを見ると優しい気持ちになって、
    みーんな幸せ。

    赤ちゃんが生まれる絵本を読むと、「私が生まれた時はどうだった?」と
    必ず聞いてくる娘ですが、この絵本の場合は「私の時のパパはどうだった?」
    でした。絵本を読んだ後、子どもの赤ちゃんの時の話をたっぷり話し合えるのが
    こんな「赤ちゃんがやってくる」絵本の醍醐味です♪

    掲載日:2008/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパになる期待と不安、そして喜び。

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    父の日を前に、小学3年生の教室での読み聞かせに使用しました。

    「だいすきなパパ」とか「パパとあそぶ」という内容ではなく、「父親になる前・なった時の、パパからの目線」というすこし変わった絵本だったので選びました。

    強いパパ・優しいパパ・怒ると怖いパパ・一緒に遊んでくれる楽しいパパ・・。でも、どのパパもはじめから「おとうさん・パパ」だったわけじゃない。
    赤ちゃんが生まれる前には、期待やそれと同じ位の、もしかしたらそれ以上かもしれない不安(もしかすると恐怖)を感じていたはず。
    そして、生まれた時には 嬉しくて幸せで・・、世界中の全部を許してしまえる様な喜びにあふれた事が、この絵本には詰まっています。

    お子さんに「あなたが生まれた時はこうだったよ」とエピソードを交えながら読んであげると良いのではないでしょうか。

    優しい絵と文章もすごく素敵な一冊です。

    掲載日:2008/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • とてもしあわせなきもち

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    初めての赤ちゃんが産まれる喜びと不安が書かれています。
    初めての出産のお母さんも不安ですが、お父さんも不安なんですね。
    周りからのアドバイス(?)もますます不安にさせます。

    でも、無事に生まれると、全てを忘れてしあわせのシャワーが降り注いできます。
    だから、周りの人にも優しくなれるんですよね。

    反抗期の子どもに悩むころに、お薦めかもしれません。

    掲載日:2007/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • お姉ちゃんになるのも大変よ

    • りじゅらさん
    • 20代
    • ママ
    • 岩手県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    初めてパパになるうさぎのパタシューは喜んでいると
    いじわるな猫とふくろうに赤ちゃんはパパが嫌いって
    おどかされてしょんぼり。でも赤ちゃんが産まれると
    パパの顔を見てにっこりしたりパパの事大好きでよかった。
    パタシューも幸せな気分になって猫とふくろうとも仲直りできてよかった。うちのお姉ちゃんも妹が産まれるまでドキドキしたんだよって興奮して話してくれました。

    掲載日:2005/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウサギさんのお家に初めての赤ちゃんが生まれることに。
    パパは、いじわるなねこ・ふくろうに赤ちゃんは
    「赤ちゃんはみんなパパがきらいなのさ・・・」と、おどかされ家を出て行こうとする。
    そこで、かわいい赤ちゃんが誕生。
    パパは、もう大喜び。
    赤ちゃんは、パパが大好き。
    幸せな気持ちになったパパは、うそつきなねこ・ふくろうにも赤ちゃんを紹介。
    みんなをとっても幸せな気持ちにさせてくれる
    絵もほのぼのとして素敵な絵本だと思います。
    そして、私のお気に入りは「一匹のハエ」
    どのページにも描かれているのです。
    ハエの存在も気になりますね。

    掲載日:2002/10/23

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット