あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

こわくないよにじいろのさかな」 みんなの声

こわくないよにじいろのさかな 作・絵:マーカス・フィスター
訳:谷川 俊太郎
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2002年8月10日
ISBN:9784062621854
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,723
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • たくさんの子供達に

    『こわいと、ほんとには いない いろんな ものが みえて しまうね』これは、この絵本の途中に出てくる、にじうおとちいさなあおいさかなの会話です。病気になった友達を助けるために、悪魔の谷に向かった、にじうおとちいさなあおいさかな。その勇気が、たくさんの子供達に伝わりますように。

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頑張ったね、にじいろの魚たち

    5歳長女が大好きな「にじいろのさかなシリーズ」今回は、びょうきのこぶうおを助けるために、にじいろのさかなが、あくまのたにに赤い海藻を取りに行くお話です。ちいさなあおい魚と2匹で行くのですが、もうドキドキさせてもらいました。

    誰かのために頑張る姿がとても心に残りました。長女も「にじうお頑張ったね」と喜んでいました。

    掲載日:2013/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いと思っていると・・・

    大人でもそうなのですが、「怖い怖い」と思っていると、なんでもないものでも恐ろしく感じてしまいますよね。
    にじいろのさかな達がいる海でも、そんな出来事がありました。
    正体がわかればなんてことはないのですが、その正体を見破る勇気を持つことが難しいんです。
    仲間を救うために、恐怖を乗り越える、素晴らしい勇気だったと思います。

    掲載日:2013/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気が伝わる絵本

    • ☆だ〜なさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    瀕死の状態の仲間を救うため、それを食べると治るとされる赤い海草をにじうおと青い魚が探しに行くのですが・・・

    そこは海で一番怖い悪魔の谷というところ


    怖がりの長男は、この時点で表情が固まっていて、『これ怖い本??』と確認していました(^^;)


    そして、いつもより私に密着しながら2匹の冒険をドキドキしながら見守っていましたが、無事に手にすることが出来ると魚達と同じく安心したようです

    『怖いのいなかったんだよね!』
    まだまだ長男には冒険は無理かなぁ〜(苦笑)

    でも、
    『俺も行けるよ!!』
    ちょっぴり魚達の勇気はもらえたようです☆

    掲載日:2010/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばれにじうお!

    弱っているこぶうおのために勇気を出して、赤い海草を取りに行くにじうお。みんなは怖がって悪魔の谷に近寄りたがらないのに、にじうおの仲間を助けたい気持ちがとてもよかったです。
    怖がるだけでは何もできない。怖いと思うから怖いんだということをにじうおが教えてくれました。
    にじうおに勇気をもらえる絵本です。

    掲載日:2009/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気に感動。

    仲間の病気を助けるために、怖い場所に薬の海草を取りに行くのですが、2匹の魚の勇気に感動します。
    怖いと思っていたら、見えないものまで見えてしまったり、逃げたくなると思いますが、仲間を助けるためにがんばって、恐怖を克服するところがかっこいいです。
    薬草をとって帰ってきたときに、素直に怖かったといえるところも素敵だと思います。
    勇気に感動できる絵本です。
    絵も素敵です。

    掲載日:2009/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当の姿は素敵だね

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳

    にじうおに、キラキラの鱗をちょうだいと声を掛けたあの小さな青い魚。その青い魚とにじうおが、病気のこぶ魚の為に旅立つ冒険物語。

    キラキラの鱗をもつ魚達に釘付けの娘は、「あっ、この子もキラキラしてるぅ!あっ、この子も!」と大喜び。
    お話を聞きながら魚達の名前を呼んでみたり、「これなんだ?これは?」と色々なものを指差しながら質問・質問・質問。
    静かにしないと読んであげないよの一言で真剣に聞きだします。
    でも、それだけこの絵本に興味があるんだと思うと、絵本を選んだママも嬉しくなります。

    みんなが怖がっていたものを、怖さを振り払ってちゃんと見据えると、そこには素敵な世界が見えてくる。そんなことを教えてくれるにじうおの冒険でした。

    掲載日:2008/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険の話です

    • パッソさん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子2歳

    ある日弱った魚がやってきて
    その魚の為に怖いとうわさの谷に行く話です
    まだうまく言葉がいえないなかで自分なりに
    こわくないよにじいろのさかな といいながら
    本を持ってきて読んでと催促するのが可愛いです
    このシリーズは2歳児には難しいので
    簡単な言葉に置き換えて読み聞かせをしています
    内容とは関係なく絵をみて
    あーんの石や海草、ぴかぴかなど言いながら見てます

    掲載日:2008/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • どきどき、はらはら。勇気に拍手!

    年長になった娘が初めて幼稚園で借りてきた本です。
    私も初めて見る本だったので、娘と7歳の息子といっしょにドキドキしながら読みました。
    にじうおは動けなくなったこぶうおを助けるために皆が怖がって近づかない「あくまのたに」へちいさなあおいさかなと“赤い海草”をとりに出かけます。怖いのに勇敢に目的に向かって突き進む姿に拍手です。にじうおの勇気と相手を思いやる気持ちがストレートに伝わってきます。
    にじうおの「こわいとほんとにはいないものが見えてしまうね」という言葉に本当にそうだなぁと思いました。
    子どもたちもドキドキ、ハラハラしながら夢中で聞いていました。何が大事かということも本を通して伝わったように思います。
    このシリーズは絵もきれいで、キラキラしているところは子どもはもちろん、大人の私も触らずにはいられませんでした。

    掲載日:2008/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気があってこそ行けるところもあるのさ

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪7歳

    にじいろの魚シリーズは文章の内容よりも絵が綺麗なのですね。きらきら光るうろこをごしごしさわってみて感触を確める。姪っ子が一番最初に読んだ「にじいろのさかな」ではうろこが綺麗ぃぃぃと見ていましたね。
     さて今回は、病気の魚に、みんなが怖いと思っている海の底に薬草を取りに行く話です。こんな変わった魚ないよぉと思いつつも、にじいろの身にどんな危険が迫っているかページを開きながらどきどきして読みました。で、怖いと思っていたのは、先入観のせいだったのですね。でもそこにたどりつくまでの勇気がないといけませんね。図書館に返す前にもう1度姪っ子と読んでみます。

    掲載日:2008/03/08

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / おふろだいすき / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット