しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。

ゆうびんやさんとドロップりゅう」 みんなの声

ゆうびんやさんとドロップりゅう 作:たかどの ほうこ
絵:佐々木 マキ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2005年
ISBN:9784034602805
評価スコア 4
評価ランキング 23,331
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • たかどのほうこ

    子どものお話には。教育的なもの、心が温かくなるものといろいろなお話があります。お話の中の醍醐味はここではないどこかの世界に誘ってくれることです。たかどのほうこのお話は、教育的という見地からすこと少し外れていますが、不思議な世界に連れて行ってくれるものが多く存在しています。

    今回のこのお話も不思議な世界へと誘ってくれます。
    だるまさんと呼ばれる郵便屋さんが、つりをしている時に迷い込んだのは、ドロップりゅうという動物がいる島でした。

    ドロップりゅうとゆうびんやさんの不思議な交流が描かれています。

    「こんど いったときには『だるまさんがころんだ』をしなけりゃな!」と小さな男の子のようにだるまさんがクスッと笑うという表現に、誰の心にもある童心を呼び起こされるような気がしました。

    子どもの頃、好奇心に任せて、探険をしてみたくなったという気持ち。実際にやったかやらないかは別として、そういう冒険心は誰の心にも存在するのではないかと思います。子どもが読んでも楽しいし、かつて子どもだった大人が読んでも楽しいお話だと思います。絵は佐々木マキが担当しています。佐々木マキファンの息子は「おかしな話だから佐々木マキの絵が合ってるよね」と言っていました。

    掲載日:2008/03/03

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ななちゃんの絵本」シリーズ つがねちかこさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット