十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

猫の恩返し」 みんなの声

猫の恩返し 原作:柊 あおい
企画:宮崎 駿
監督:森田 宏幸
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2002年8月31日
ISBN:9784198615703
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,861
みんなの声 総数 4
「猫の恩返し」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 懐かしい!

    娘が幼稚園から借りてきました。

    私からすると、これは当時映画館で鑑賞したもので、ほんとに懐かしい感じがしました。

    特にナレルの声、白ネコのユキちゃんの声と、よみがえってきて、懐かしかったです。

    映画をこんなに短くまとめてしまうと、満足感がないのではなんて思っていましたが、そんなことはありませんでした。

    娘は新鮮な気持ちで、わたしは懐かしい気持ちで、一気に読んでしまいました。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本を開けば!

    ジブリの放映アニメーションは,子供は一度気に入ると何度も見たがりますよね。
    でも幼児期の子供に約2時間のアニメをいつも見せてもいいものか。。という思いもあり。
    そんな時,絵本を開けばいつでもジブリの世界に会えるこのシリーズ絵本は親としてもありがたいです。
    「猫の恩返し」は原作が柊あおいさん。
    柊あおいさんは,親の私が子供の頃に彼女の漫画を読んでいたこともあって,私個人としても懐かしい気持ちになりました(笑)。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • アニメ絵本もいいものね

    娘はここのところアニメの「猫の恩返し」が大好きで大好きで
    録画したものを何度も繰り返して観ていました(少し前は
    トトロだったのに)。
    で、図書館に行った時に、自分でこの絵本をみつけてきたので
    借りました。
    アニメ絵本・・は私としては少し敬遠したいジャンルではある
    のですが(普通の絵本の方が美しかったり素敵だと思って
    しまうので)、こんなにも喜ぶのだったら、これもまたいいの
    かもしれないなあと思いました。
    テレビのスイッチをいれるかわりに本を開く、ということも
    できますし♪ジブリのシリーズを揃えてあげても楽しいかも
    しれないなあ、と考えがかわりました。

    掲載日:2011/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 映像で観た後に本を読むと深く味わえる!

    • うつぼっちさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    DVDを気に入って観て、場面場面を切り取った再現をするので、5歳の娘に本を買ってやりました。

    アニメの画像複数と、お話の構成。たくさん出てくる猫キャラの名前をおさえたり、話の細部を深く味わうにはよいでしょう。本から入るより、映像から入るほうがお勧めです。

    テレビ世代ですが、文字で読む面白さも加えて、イメージをふくらませてほしいと常日頃思っているので、そういう意味では買ってやってよかったと思います。

    掲載日:2008/04/17

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / とんことり / ねないこ だれだ / とけいのほん 1 / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット