大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

「ものしりプクイチ」 みんなの声

ものしりプクイチ 作:たかどの ほうこ
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 2
「ものしりプクイチ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろい!

    息子が図書館から借りてきた本です。
    「途中でお話しの展開が変わって、おもしろいんだよ!」
    と、やや興奮気味でしたのでかなりの期待を持って読んでみました。

    動物村の「春のおたのしみ会」が始まります。
    ところが、遠くから真っ黒い雲がやってきて今にも雨が降り出しそう。
    村長さんは、おたのしみ会に参加していない、
    勉強好きでちょっと高飛車なコブタのプクイチを
    おだてて、雲を掃除機で吸い込ませようとしました。

    その雲まで行く方法もユニークでした。
    問題に正解すると上がっていくクイズ大会のイスに座ったプクイチ。
    なんとこのイス、正解する度にビョンとどんどん
    空へ登ってゆくのです。
    とうとう下の動物たちが点になって見えたとき、
    雲にたどり着きました。
    その時、雲の方からやって来たものは・・・。

    さあ、ここからがお話しは少し変わって、プクイチの生活ぶりに
    着眼するのですが“百聞は一見にしかず”とは
    まさにプクイチの事です。本から得た知識だけは誰にも負けないほどに
    知識を多く備えたプクイチ。
    でも、自分の目で沢山の物を見たことによって、
    自分の知らなかったこと、本当に見たいもの、
    本当に大事なことも感じ始め、見えてきたのです。
    そしてまた、動物村の動物たちも居なくなってはじめてプクイチの事を
    ちゃんと考えるようになったのです。
    気づくのが遅いと言うのか、本当はもっと前に気づくべきですけどね。
    息子も、はじめはまるで集団いじめのようでいやだったけど
    このお話しにはいろんなことに気づくようにかかれてて
    すごいよね〜。と話してました。
    まさにそうなんです!ユーモア溢れるクイズの答えや、
    お話しがこの展開をうまく盛り上げてますね。

    また、「秋のおかなしみ会」のネーミングもクスッと笑える物でした。
    あっ!プクイチの眼鏡の材料もナイスアイディア!と思いつつも
    実際にやってみたらかなり笑えるよね〜。と、
    いろいろ想像をして笑えるところも良かったですね。

    掲載日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えさせられる内容です。

    春のお楽しみ会」の日なのに、雨雲があります。村長がつい雲を掃除機で吸い取ってしまおうと言ってしまいます。

    その使者に選ばれたのが、村の変わり者で勉強家のプクイチでした。プクイチは、クイズ大会に招かれて正解するたびに、どんどん椅子が上がり、雲の上に行ってしまいます。

    固くてまじめで面白みのないキャラクターは、「紳士とオバケ氏」のマジノ氏に共通しています。

    たかどの作品には風変わりなキャラクターが多いですね。

    プクイチが空の旅に出て、自分の学問が机上の学問であったことを知ります。知っているけれど、わかっていることは別物なのでしょうね。

    おかしな話の中に真面目な事柄も潜んでいて読んでいるとなかなか考えさせられる内容です。

    63ページと少し長めですが、お話がおもしろいので、一気に読めます。

    どうして毎回こんなおもしろいお話を書けるのか、創作の秘密を知りたくなりました。

    掲載日:2008/03/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット