うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

パンダコパンダ」 みんなの声

パンダコパンダ 原案・脚本:宮崎駿
演出:高畑 勲
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1997年5月31日
ISBN:9784198607074
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,184
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しい!

    徳間書店のアニメ絵本シリーズ、娘がとってもお気に入りで、このパンダコパンダは図書館でで、たまたま見つけて借りた絵本です。
    これも全くテレビやDVDなどでも見たことがなく、どんなお話なのか、キャラクターさえ見たことがなかったのですが、家に帰って、この絵本を読んでみるなり、娘は大きいパパンダのセリフにはまり、大笑いでした。それ以来、親子で大きいパパンダと小さいコパンダの可愛さにはまってしまっています。
    そのあとDVDを借りて見たり、テレビでもやっていたので、娘は喜んで見ていました。それを見て初めて、かなり古いアニメなんだと知りました。歌も「♪パンダコパンダコパンダ〜♪」とずっと続く歌で、結構頭から離れられないような歌でした。
    このアニメは3歳の娘でも十分楽しめるお話だと思います。

    掲載日:2010/10/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 一気に読まされました

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    「となりのトトロ」が大好きな娘にいいかと思って読んでみました。
    ちょっと難しいかなと思いつつ、1話で区切りよく終わり、また今度ねと娘に声をかけたら「全部読んで!」と言われました。
    『さいしょのおきゃくさん』『パンちゃん学校へいく』『まいごのパンちゃん』『トラちゃんがやってきた』『サーカスは大さわぎ』『雨ふりサーカス』…と一気に読むのは読むほうがたいへんでした。
    パンダたちを見ておまわりさんがあわてるシーンで笑ったりして楽しそうに聞いてくれました。
    アニメのほうは私も娘も見たことがありません。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • だーいすきなアニメ

    「パンダコパンダ」は、我が家の子どもたちが大好きなアニメで、DVDで何度観たか分かりません。このアニメの世界をそのまま本にしたこの本もまた、子どもたちのお気に入りです。
    パラパラとページをめくってすきなシーンに見入ったり、「とくにたけやぶがいい!」など好きなセリフを繰り返し声に出して楽しんでいます。
    ラストのページには、これまた大好きなテーマソングの歌詞が載っているので、親子で一緒に大声で歌うと最高に楽しいです。

    掲載日:2014/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愉快なパパンダ

    ジブリ作品の好きな子供が特にお気に入りの物語です。
    一人で留守番をすることになったミミちゃんのもとに突然愉快なパパンダとカワイイパンちゃんがやって来るなんて出だしからびっくりで、でも夢があって楽しいです。
    大人からして見ればちょっと突っ込みたくなるような話ですが、子供は夢中できいてくれます。

    掲載日:2013/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • パーチャン

    下の娘が1才のころ「となりのトトロ」「パンダコパンダ」の映像に夢中だったので絵本にもつなげてやりたいと思い購入しました。

    結果は大成功☆☆☆

    映像を見ているときに出してきたり、一人でお気に入りのページを開いたり絵を見ているだけでも楽しんでいます。

    まだはっきり話せない娘が「パーチャン、パーチャン」と本を持ってきて読んでとせがむ姿が今でも忘れられません。

    その娘も春に3才になりますが今でもお気に入りの1冊です。

    大人も子供も引き寄せられる素敵な作品で宮崎駿さんに感謝でいっぱいです

    掲載日:2008/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • とくにたけのこがいい!

    夏になると、NHKのBS放送でやってくれるパンダコパンダ。ジブリ映画は少し長めなので、この短編から見るとうまく子供も入ってくれます。
    主人公は小学生の女の子。両親もおらず、唯一の身内のおばあちゃんが、法事で家を空けることになった。そこへ珍客、パンダの親子。
    なんともユニークな設定で、とぼけたパパンダのおおらかさが心温まります。
    親子で十分に楽しめるこのお話。映画さながらに読んであげると喜びます。

    掲載日:2008/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • <処女作>とは思えない!天才・宮崎駿さん

    • ギフトさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    病院で点滴の間、暇だから 『何かして欲しいことある?』 と聞くと
     『絵本読んで欲しい。』 と甘えた、か細い声で答えた。
    待合室から、ジャンルの違う3冊の絵本を持っていくと、息子は 【パンダコパンダ】 を選んだ。

    『このパンダ、トトロに似てるね。』
    『だって、同じ人が描いたんだもの。』
    Y はケラケラ笑いながら、私もこの先どうなるのかと、ドキドキ、ワクワク、楽しく読んでいたら、息子が 『あっ!なくなってる!』 と点滴を指差した。 (≧▼≦)

    それくらい時間を忘れ、息子の点滴も忘れるほど、物語に引き込まれてしまうのは、さすがです。

    <アニメ絵本> になってるということは、映画だったのか?と調べてみると・・・ナ、ナント!!宮崎駿さん×高畑さんの初のアニメーションだったのです。
    その後 【ハイジ】 【母をたずねて三千里】 などを手がけたそうです。

    【パンダコパンダ】 がトトロに似てるって息子は言ったけど、それはむしろ逆で、【トトロ】 や 【ハウルの城】 のヒントになっていたんですね。

    主人公の赤毛のミミ子ちゃんは 【長くつ下のピッピ】 をイメージしているそうです。

    掲載日:2008/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一瞬で子供たちが夢中に!

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    次女はぱんだ組に進級。なのでぱんだ関連の絵本をいろいろ見つけました。

    この、宮崎駿、高畑勲 のゴールデンコンビの絵本を見つけたときは私が大興奮。
    だって!あの!巨匠達が!

    後日知りましたが、TVでもやっていた有名なお話だったんですね。

    私は何も知らなかったので子供同様、白紙からのスタート。
    ひとりで留守番する女の子の元に、パンダの親子がやってくる。
    それも言葉を喋っる!

    もう、出だしから子供達はお話にどんどん入っていく、のめりこみます。
    パパパンダの、口癖とか真似して 楽しそうでした。

    TVでやっていた、ということはもっとお話があるのかしら?
    パンダのママを引き受ける代わりに、パンダがパパになってくれる おかしなステキナ設定をまだまだ楽しみたいです。

    掲載日:2008/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きになりました。

    図書館で偶然見つけた絵本です。絵本の中に出てくるパンダが可愛くて娘は一目で好きになりました。内容もほのぼのしていて三才の娘でも十分楽しめます。私も大好きになりました。見かけたら是非読んでもらいたい絵本です。

    掲載日:2007/01/28

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット