あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

アルプスの少女ハイジ」 みんなの声

アルプスの少女ハイジ 原作:ヨハンナ・スピリ
演出:高畑 勲
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1996年6月30日
ISBN:9784198605247
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,733
みんなの声 総数 8
「アルプスの少女ハイジ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 懐かしい!!

    親の私が子供の頃,(再放送だったかしら!?)TVのアニメで見ていました。
    TVアニメとイラストも一緒でとても懐かしくなりました!
    絵本を開けば,その世界にいつでも会える!アニメ絵本もなかなか素敵だな〜と,このシリーズを読んで思いました!!

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • アニメ版ハイジ

     このアニメーションのハイジは、子どもより私のほうがはまってしまいます。ページをめくるたびに、ハイジたちみんなの声がきこえてきそうです。

     文章はけっこうながめですが、知っているエピソードが多いので、楽しみながら読めます。
     おじいさん、ペーター、クララ、ロッテンマイヤーさんなどなど、キャラ設定がほんとにうまいなと感心します。なんど読んでも、感動するお話ですね

    掲載日:2014/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつかしの、、、絵柄

    絵本としては結構長いので親の読み聞かせには大変ですが、絵柄がむかし目にしたことのあるアニメのハイジだし、とても子供には気にいられました。

    挿絵も普通の絵本より多く、1冊に5−6枚もアニメ挿絵がついているので、スイスの景色などもとてもよく出ていて、雰囲気を楽しめました。

    親の私はリアルタイムでは見ていないのですが、CMなどで少しは現代でも見られるので、なつかしい感じがします。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好きな話

    • みっくるみさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子4歳

    娘達の大好きなクララやハイジが出てくるこの絵本はだいすきです。
    ただ、文字が多くて長いのですごく小さなお子さんは集中できなくて
    途中で飽きてしまうかもしれません。

    うちの子たちは真剣に最後まで見ています。
    ハイジがすきはお子さんには一度読んであげたいそんな本だと思います。

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハイジがぎゅっとつまってる

    幼い頃わくわくした気持ちで見たハイジ。

    その宮崎駿さんの手がけたハイジがぎゅっと詰まってます。
    ハイジの笑顔にアルプスの山々、おなじみの大好きな
    キャラクターがどーんと表紙にあると何ともすがすがしい
    気持ちになります。

    娘は怖い物が苦手でロッテンマイヤさんとハイジの確執が
    しっかりと描かれているアニメは怖がって途中から
    見るのをやめてしまいましたが、この本は「ハイジ入門編」
    として娘には合っていたと思っています。

    もう少し成長してから原作や、アニメのハイジにも触れて
    いって貰いたいと思っています。

    掲載日:2010/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • やはり名作

    テレビのCMでハイジに興味を持った娘。
    CDに「教えて」が入っていたので食いついた娘。
    たまたまアニメを見る機会があった娘。
    図書館でこの本を見つけた瞬間、目が輝いて「借りよう!!!」と持ってきました。
    絵が多いので、登場人物の表情の変化にとても敏感になった娘です。そして、3回読んだだけで、「フランクフルト」を覚えたほど。
    やはり名作は、いつ読んでも感動します。娘も私も好きな1冊になりました。アニメは長くて見せられないので、凝縮された本はとってもおすすめです。

    掲載日:2010/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 再びハイジに夢中

    テレビで放映されていた「アルプスの少女ハイジ」の「アニメ絵本」ですが、ストーリーのつながりも文章もしっかりしていて、ダイジェスト版でありながら、読み応えがありました。

     娘も、3〜4歳のころ、テレビのハイジに夢中になっていましたが、そのときには1度も泣いたことなどなかったのに、絵本を読んで、突然涙がぽろぽろ・・・。クララのおばあさまに教えてもらった「ひみつのへや」で、夕日の中にたたずむ羊飼いと年老いた聖者の絵を見て、アルムの山を恋しがり泣きじゃくるハイジ、そして、クララを悲しませないために声を押し殺して泣きながら眠るハイジの姿に、娘も思わずもらい泣きしてしまったようです。絵本を読んで、涙したのは、今までにたった2回だけ。(1度目は、「あなたをずっとずっとあいしてる」でした)
     
     他にもいろんな感想を聞かせてくれました。ハイジは絶対に自分より年下だと信じて疑わない娘は、毎回、冒頭で、「え〜〜?、5歳じゃないでしょ、まだ4歳でしょ!」と言い、11歳のペーターのことも「6歳か7歳でしょ!」と、必ず訂正を入れるのがおかしいです。
     来年の春にまた会いに来る約束をしてクララが帰っていくラストシーンでは、「きっとクララもアルムのことばっかり考えてると思うよ。」(ハイジがフランクフルトにいた間中ずっと山のことを考え続け、勉強も手につかなかったように・・・)と、娘もすっかりアルムの山に魅せられた様子でした。

     読み終えた後には、窓から庭を見下ろしながら、「ハイジたちをここへ連れてきてあげたいなぁ。きっと気に入ってくれると思う。お花もたくさん咲いてるし・・・。学校も見せてあげる!
    でも、英語わかるかなあ?ハイジたちは日本語だから(!)」と、楽しそうに話しているのを聞いて、娘がもっと小さい頃に、毎日のようにハイジたちといっしょに想像の世界で遊んでいたことを懐かしく思い出しました。あの頃はよく、「ママ、そこに座っちゃだめ。ロッテンマイアさんがいるから!」なんて言われて、びっくりしたものです!再びハイジとなかよしになってくれるといいな、と思いながら読みましたが、早くも、「ペーターとハイジ、本から出てきてくれないかなあ?」と、布団に入ってからもつぶやいていました。

    掲載日:2009/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハイジ大好き!!

    私が小さい頃、テレビの再放送で見てハイジが大好きでした。
    子供は映像は見たことがないですが、この本を買ってあげて、一緒に読んでいるうちにやっぱりハイジが大好きになりました。

    お母さんが居ない事、ペーターのおばあさんの目が見えないこと等、うちの子自身、経験がないことなども受け止め悲しんだりと、成長も感じられました。

    でもやっぱりいつも元気で走り回っているハイジが一番ですよね^^

    掲載日:2008/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばああそび / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット