だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

七人のゆかいな大どろぼう」 みんなの声

七人のゆかいな大どろぼう 作:たかし よいち
絵:スズキ コージ
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\922+税
発行日:1989年
ISBN:9784652004449
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
「七人のゆかいな大どろぼう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 民話ベースで面白い

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    題名に惹かれて小2の長男が借りてきました。
    ちょんまげ、目玉、しゃっくり、げんこつ、ゆめ、あしあと など
    普通では泥棒しないような面白いものを泥棒する昔話風のお話が7作入ってます。

    どの話も泥棒の話なのでスリルがあり、登場人物が怖いだけではなく、ちょっと間抜けで欲深く愛嬌があり読み応えがありました。
    中でも「目玉どろぼう」は、ガラスの目玉のほうが良く見えるというストーリー展開に笑いました。

    民話には残酷なお話もあるけれど、人間のおかしさを上手く表現している部分があります。
    そういったユーモアは時代をまたいでも変わらず伝わりますね。
    ゾロリシリーズに笑ってるような典型的な現代っ子の息子も、このお話は面白いといってました。

    掲載日:2009/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット