だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ケムエルとノアのはこぶね」 みんなの声

ケムエルとノアのはこぶね 作・絵:ディック・ブルーナ
訳:松岡 享子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1999年
ISBN:9784834016192
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,017
みんなの声 総数 6
「ケムエルとノアのはこぶね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 毛虫が体験した「ノアの方舟」

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    有名なノアの方舟伝説を、ディック・ブルーナさんが簡潔に仕上げていますが、
    エピソードとしては十分ですし、小さい子でもすんなりストーリーに親しめそうです。
    美しい地球でしたが、人間が争いを始めたので、神様は地球をもう一度作り直そうとします。
    そこで、唯一平和に暮らしていたノアに方舟を作らせ、
    彼の家族と、動物たちのつがいが方舟に乗ると、雨を降らせ、地上を清めるのです。
    ブルーナさん独特の簡略化された画風がとてもマッチしています。
    創作であろう毛虫のケムエルの視点で描くことで、
    生き残った喜びが引き立っています。
    実は、中・高生の息子たちに「ノアの方舟」伝説を知っているか尋ねると、「知らん。」!
    これは大変と、思わずこの絵本を読ませました。

    掲載日:2010/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても読みやすい『ノアの箱舟』

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    ブルーナがこんな絵本を出しているなんて、今まで知らなかったです。
    聖書で読むと難しい「ノアの箱舟」のはなしを、ブルーナが描くと、こんなに簡略化されて読みやすくなるんですね〜。
    びっくりしました。
    この内容と絵なら、確かに4,5歳くらいの小さなお子さんにも十分楽しめる絵本だと思います。

    うちの子はケムエルを気に入っていました。
    ところで、ケムエルって、ミミズですかね?それとも毛虫?
    子どもと意見が割れています。

    掲載日:2010/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな子にもわかりやすいです。

    「ノアのはこぶね」の中で、一番わかりやすいのがこの本だと思いました。ディック・ブルーナのイラストで、淡々と語られています。入門編といったところでしょうか。

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ストーリーは、「ノアの方舟」そのものです。しかし、絵がミッフィーちゃんのブルーナさんなので、親も子供もぐっと親しみをもって読めます。船に乗り込むいろいろな動物たちも、シンプルに描かれわかりやすいです。ケムエルというのは、方舟に乗る毛虫の名前です。他の動物と同様、おんなの友達といっしょに船に乗ります。そして、再び船を降りるときは、きれいなちょうちょうになって虹のかなたに飛んでいくのです。
    みんなが、仲良く暮らせる世の中であってほしいという思いを強くしました。

    掲載日:2009/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ノアのはこぶねを読むなら

    ノアのはこぶねは聖書にあるお話で、娘にはまだ難しいと思っていましたが、ブルーナさんのノアのはこぶねは難しいことなんてぬきに読みやすく描かれています。
    はこぶねに動物がひとつがいずつ乗る絵はこどもの目をひきます。
    洪水の絵も雨粒でいっぱいに表現され、最後にはぱーっと明るくにじが描かれ、ハッピーエンドで締めくくられているのもブルーナさんらしいなと思いました。

    掲載日:2008/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 方舟の伝説

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    どうして神様が洪水を起こしたのか、あまりに人間が罪深くなってそれを洗い流すためでしょうか。

    ノアは神様からノアの家族と動物たちを一つがいずつが入れる舟を作るよう言われます。
    そして、洪水を免れて、新しい生活をはじめます。
    有名なおはなしが、分かりやすく書かれています。
    ブルーナの絵は子どもたちは大好きです。

    宗教的なおはなしですが、それとは関係なく子どもに伝えたいおはなしだと思います。

    掲載日:2008/03/06

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット