だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

新装版 はんぶんのおんどり」 みんなの声

新装版 はんぶんのおんどり 作:ジャンヌ・ロッシュ=マゾン
絵:堀内 誠一
訳:山口智子
出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2016年09月09日
ISBN:9784907613129
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スケールを感じるお話

    名古屋市立図書館のおすすめ幼年童話70にありました。

    でも、私の市の図書館では閉架でした。

    子どもたちの目に触れる場所に置いていないのが寂しかったです。

    この本を閉架にしておくのはもったいないです。

    「長靴をはいた猫」や「ランパンパン」もしくは「かたあしのひよこ」をベースにしたと思われる昔話のテイストをうまく盛り込んだお話だなあと思いました。

    最初、相続の関係で半分にされるというのに、残酷さを感じましたが、その後の展開にスケールを感じました。

    幼年童話になっていますが、高学年でもおもしろく読めそうです。

    読み聞かせをして思ったのは、一人読みできる年齢でもこのお話は、誰かに読んで耳で聞くと楽しそうということでした。

    この作品が生まれた経緯を深く知りたくなりましたが、作者の紹介によれば「伝承文学に親しんだ」ということ。

    読んでいるとその経験がよく活かされていることがわかります。

    そして、「りすのゲルランゲ」と同じ作者なんですね。他の作品も読んでみたくなりました。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット